FACY 1タップで 出会える 話せる

AREA

【東京のご当地アイテム見つけました】2020年のご当地まとめ #5.5

最近のローカルショップのオリジナルグッズってめちゃくちゃカッコよくない?という気づきからスタートした「東京のご当地アイテム見つけました」。FACYリニューアル後の主軸を担った連載ということで、今回は2020年に見つけたご当地アイテムをまとめてご紹介。

今はGo Toも一時停止してしまい、お土産を探しているところではないかもしれませんが…実は紹介したほとんどのお店はオンラインでの通販も可(!)。旅行が延期になってしまったという方はひとまずオンラインで買って、コロナが落ち着いたら満を持して実店舗へ行くというのも全然アリ。

それではおさらい的に#01〜05までのアイテムを振りかえっていきましょう!

#01 COFFEE SUPREME TOKYO / バリスタソックスTシャツ(神山町・奥渋谷)

ニュージー発コーヒーショップの日本一号店(オセアニア以外では初の店舗)である、〈COFFEE SUPREME TOKYO〉。「本当にコーヒー屋さんなの?」と思うほどオリジナルグッズが豊富な同店。ナイジェル・グラフ氏、花井祐介氏とのコラボアイテムなども展開しており、お土産を買うにはもってこいのお店です(もちろんコーヒーもめちゃくちゃ美味しい)。

記事では80年代のファミコンを意識したカラーリングの“バリスタソックスTシャツ”をピックアップ。現在はチェッカーブロックの新作バリスタソックスや冬にうれしいスウェットなども発売中。

記事はこちら

#02 COW BOOKS / ブックベンダースウェット(中目黒)

編集者・松浦弥太郎氏、〈マウンテンリサーチ〉のデザイナー 小林節正氏がオーナーを務めることでも知られる、中目黒のブックストア〈COW BOOKS〉。同店を語るときにはお二人の名前が挙がりがちですが、もう一人忘れてはいけないのが店長兼プレスの吉田茂さん。移動図書時代の顧客だったのが、気づけば中目黒のオープンから店長を務めることになったというユニークな経歴を持つ、吉田さんの人柄もあってのお店です。

同店を象徴するオリジナルアイテムが、店名とコンセプトをチェーン刺繍風の発泡プリントで配したTシャツやスウェット類。元々はオープン当初に作っていたスタッフ用のアイテムを「発泡プリントで作ってみたら良い感じになった」ために今のスタイルに落ち着いたそう。かの世界的デザイナーも愛用したことで、今では海外からの問い合わせもあるのだとか。

記事はこちら

#03 FACE RECORDS / ステレオテニスとのコラボT(渋谷レイヤードミヤシタパーク)

渋谷・宇田川にある老舗レコードショップ〈FACE RECORDS〉が、宮下公園跡地にできた新商業施設 ミヤシタパークにオープン。新店舗は“レコード初心者が入りやすい”品揃え&レイアウトが特徴です。「レコ屋ってちょっと閉ざされた感じがして入りづらいよね」というイメージを覆すような作りで、実際にレコードに触れたことがない方がふらっと入ってくることも多いお店です。

注目のアイテムは、ミヤシタパーク店のメインビジュアルを手掛けたステレオテニス氏とのコラボTシャツ。同店のコンセプトを体現したキャッチーなイラストがとにかくグッド! 他にトートバッグの展開もありますよ。

記事はこちら

#04 THE DERBY / プリントスウェット(代々木)

編集部・杉山から「オリジナルグッズを売っている美容室を見つけた!」との情報を得て取材した、代々木の〈THE DERBY〉。オーナー・荻堂さんのセンスが遺憾なく発揮された店内は内装から家具まで抜かりなくカッコいい…! 店内入り口のレジに並ぶオリジナルグッズもボディ選びから生産まですべてにこだわって作られています。

今の時期のおすすめは秋冬用に新しく作られたプリントスウェット。ありそうでないオートミールカラーが絶妙で、ファッション好きもうれしい2XLサイズまでの展開。オリジナルグッズは店頭販売のみなので、気になる方はカットの予約もしちゃいましょう(笑)。

記事はこちら

#05 SNOW SHOVELING / プリントスウェット(駒沢)

#STAYHOME 期間中に「ウーバーイーツ」ならぬ「ウーバーリード」という本のデリバリーサービスも展開していた(現在は終了)、駒沢公園近くのブックストア〈スノーショベリング ブックス&ダイアログ〉。店内は海外の読書好きの部屋を訪れたような空間で雰囲気バツグン。“出会い系本屋”をコンセプトにしており、見知らぬお客さんともコミュニケーションが生まれるようにソファーを向かい合わせて設置するなど、本好きのハブスペースとしての役割も担っているお店です。

オリジナルグッズを作ったきっかけは、音楽好きのバンドTのように「本好きをアピールできるグッズがないから作り始めた」から。元々グラフィック関係の仕事をしていたオーナー・中村さんがデザインからプリントまで手掛けたグッズは、タイポのデザインが秀逸です。スウェットで約4,000円とプライスもお手頃なので本好きじゃない方もぜひ!

記事はこちら

MORE FOR YOU

今週末まで!EDIFICE熊本店でPSGのポップアップが開催中です。
インテリアショップ「NICK WHITE(青山)」のキャップ #ご当地アイテム見つけました
ショップ兼ギャラリー「SALT AND PEPPER(恵比寿)」のTシャツ #ご当地アイテム見つけました
クラフトビール専門店「Ben’s Slop Shop(吉祥寺)」のTシャツ #ご当地アイテム見つけました
【突撃!巷の隠れヒット品番】聖林公司別注〈キャンバー〉のマックスウェイトTシャツ(代官山 HIGH! STANDARD)
ワインショップ「Human Nature(兜町)」のTシャツ #ご当地アイテム見つけました

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  3. ヴィンテージウォッチ好きが注目HIROB監修のセイコー(SEIKO)限定モデル
  4. 老舗から新定番まで。おすすめの「ニット」ブランド10選。
  5. 「いいお店の日」開始記念!2022年冬のおすすめニットを一挙ご紹介!インバーアランxオーラリーxマルジェラxイノウエブラザーズxベター