FACY 1タップで 出会える 話せる

AREA

【東京のご当地アイテム見つけました】SNOW SHOVELINGのプリントスウェット

新ご当地アイテムを探せ。

最近のローカルショップのオリジナルグッズってめちゃくちゃカッコよくない?っていう気づきからスタートした連載「東京のご当地アイテム見つけました」。編集部が東京を歩き、ローカルなオリジナルグッズを見つけていきます。今回は駒沢の本屋さんでカッコいいスウェットを発見。

【駒沢】SNOW SHOVELING BOOKS & DIALOGUE

初めてで行きづらかったり、入りづらかったりするお店ほど、一度知ってしまえば愛着が湧くお店になったりするもの。〈SNOW SHOVELING BOOKS & DIALOGUE〉もそんなお店のひとつかもしれない。同店が入るビルの1階はケーキ屋さん。その裏手にある階段は最初は少し見つけづらい。登った先にあるドアも本屋というより、マニアックなレコード屋のような雰囲気だ。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

今年でオープンして8年目。“雪かき”を意味する店名は村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」の一節からの命名だ。

「誰でもいいけど、誰かがやらなくてはいけないこと。ルポライターである主人公がそんな自分の仕事を“文化的雪かき”と表現しているのが僕の中ですごくフィットしたんです。自分の役割をきちんと引き受ける感じ。僕にとってはそれがこの本屋なんです」(店主・中村秀一さん)

選書の基準は「単純にいい本」と言い切る中村さん。自宅の本棚に置いていて気持ちいいと思える本、何度でも読み返せる本のみを置いているという。

「いわゆる本屋っぽくするよりも、誰かの本棚を覗いているような店にしたかったんです。ほぼ背表紙しか見えないし、ポップも作らないから、もしかしたら不親切かもしれない。でもこの中から自分で選ぶという行為を大事にしてほしい。本が好きな人は自己決定ができる人だとも思っているんです」

ご当地アイテム見つけました!

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

グラフィック関係の仕事をしていた経歴を持つ中村さんがデザインからプリントまで行っているオリジナルグッズもこの店の魅力だ。

「僕が好きなローカルなアメリカの本屋ってシグネチャートートみたいなのをよく作っているんですよ。お客さんはそれを買うだけでなく、使うことでその店を応援している。『自分の好きな本屋はここ』って主張しながら街を歩いている感じがしていいんですよね」

音楽好きがバンドTを着るスタイルは定着しているのに、本好きであることをアピールできるファッションのスタイルがないのもオリジナルアイテムを作っている大きな理由だそう。

「クイーンのTシャツを着ていたら、『クイーン好きなんだ?』って聞きたくなるじゃないですか。それなら、グレート・ギャッツビーのTシャツを着ている人がいたら、そこに『スコット・フィッツジェラルド好きなんだね』というコミュニケーションが生まれてほしい。本が好きであることを胸張ってアピールできる方法をずっと探しているんです」


info
SNOW SHOVELING BOOKS & DIALOGUE
住所:東京都世田谷区深沢4-35-7 2F-C
TEL:03-6432-3468
営業時間:13:00~19:00(定休日:火曜日、水曜日)
Web Shop: http://snow-shoveling.jp/

MORE FOR YOU

【東京のご当地アイテム見つけました】NEW NEW YORK CLUBのロゴTシャツ
【東京のご当地アイテム見つけました】VALLEY PARK STANDのレインコート
地元のコミュニティハブになるために。〈August〉が“マディソン”にお店を開いた理由 編集部Yのアメリカ通信 #4
誰が行っても快適に感じるお店。LAの新鋭セレクトショップ〈Brother Brother〉│編集部Yのアメリカ通信 #3
優れたデザインで長持ちする服を作る。〈druthers〉が出したサスティナビリティへの最適解│編集部Yのアメリカ通信 #2
フィラデルフィアで一番クールなショップ〈YOWIE〉が考える、新しいお店のカタチ│編集部Yのアメリカ通信 #1

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド