FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

「コレ、自分用にも買いました」。プロの自腹買いアイテムを調査した件〜前編〜

この秋、ショップスタッフは何買った?

だらだらと夏の暑さが続いたせいか、秋の買い物のスタートダッシュを切り損ねた方も多いはず。この秋に何を買おうか迷っているなら、一足先に秋アイテムをゲットし終えたプロの声に耳を傾けてみるべし。

ということで、今回は人気セレクトショップスタッフの自腹買いアイテムを調査してきました。根掘り葉掘り聞いてきたので、この秋の買い物の参考にどうぞ!

1.松原将平さん(IENA EDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店)

いつもEDIFICEらしいクリーンなスタイリングを披露してくれる松原さん。インドカレーが好き。新宿でおすすめのお店は「まさらダイニング」。

営業中にひと目惚れした上品デニム

ー今回はこの秋購入したパンツをご紹介していただけるとのことです。アイテムとの出会いを教えてください。

松原:実は、営業中にこのアイテムの存在を知ったんです。開店してから、ラックで見て「このパンツ、めっちゃいいじゃん!」みたいな(笑) 近くにいたスタッフに興奮して確認しました。パンツハンガーにかかっているシルエットがすごくきれいだったんですよね。次の休憩の時に早速履いてみると、やっぱりよかった。すぐに「これ買います」と(笑)

インディゴ風に見えるが、インディゴ染料は不使用。デニム特有の色落ちや色移りの心配をせずに使える。LA BOUCLE / 5ポケット デニムトラウザー エバーリジット ¥19,800

ー店頭でのひと目惚れだったんですね!どういった部分に惹かれたのでしょう?

松原:最近のトレンドでもあり、個人的な気分でもあるのですが、クラシックな着こなしが気になります。デニムで言えば、ストレートシルエットの501や70sっぽいフレアジーンズなど。その2つの形をちょうど足したようなパンツですね。一見ストレートに見えますが、ほんの少しだけ裾がフレアしているのがポイントです。

ー確かに、言われればという程度のさりげないフレア具合です。ジーンズなのにタックが入っているのも印象的です。

松原:ただのジーンズだとカジュアルになり過ぎてしまいますが、タックが入ることでスラックスのような雰囲気が出てきます。うちの店はジャケットを着るスタイルが定番ということもあり、きれい目に穿けるデニムがちょうど欲しかったんです。

無骨なイメージがあるデニムのジーンズもタックとセンタープレスが入ると上品な雰囲気。かっちりしたジャケットだけでなく、ゆるいシルエットのトップスとも相性がいいという。

ー他に気に入ったポイントはありますか?

松原:丈感もよかったですね。少し前までは、くるぶしが出るような短めの丈のパンツのリリースが多かったのですが、最近は裾がクッションするかしないかくらいの丈を履きたい気分です。

松原さんは元々控えめなボリュームのシューズが好みだそう。丈が長いパンツとの収まりもいい。ソックスの色や柄で遊ぶのが松原さんのスタイル。

ー松原さんは秋冬の買い物の計画は立てていらっしゃいますか?

松原:今年に限らず、アウターは何かしら欲しいですね。入ってくるのも早かったりするので、早めに目を付けます。ただ、欲しいものはたくさん出てきちゃうので難しいですね…アウターを買おうと思っても、今回のようにパンツを買ってしまったり。今の時期だったら、ニットにも目が行ってしまいます(笑)

ーでは、まだ今年のアウターは買われていない?

松原:そうなんですよ。いくつか候補はあるんですけど、どうしようかなって。まだ悩んでいる最中です。

ジャケット/ BROOKS BROTHERS × EDIFICE 、パンツ / LA BOUCLE、カットソー/ LA BOUCLE、シューズ / FREEMAN PLAT

IENA EDIFICE LA BOUCLE (NEWoMan新宿店)
住所: 東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿 4F
TEL: 03-5361-8532
営業時間: 11:00-21:00、日曜11:00-20:00

2.神原啓助さん(ADAM ET ROPE’ 渋谷PARCO店)

FACY上でもユニークかつ的確な提案コメントをしてくれる神原さん。遠方から神原さんの接客目当てに来店するお客さんもいるそう。最近の行きつけは渋谷のんべい横丁の「水車」。

ワードローブに置いておきたいと思えるシャツ

―早速ですが、このシャツを買われたいきさつを教えてください。

神原:スタッフ側には入荷前に情報が下りてくるので、早い段階から目星は付けていました。店頭に入荷してから、生地を触って試着してみるとやっぱりいいぞと。

日本毛織「NIKKE」のサージ素材を使った一着。良質な梳毛ウールとポリエステルを高密度に織りあげた生地はしなやかさとハリ感を併せ持つ。ブラックとグレージュの2色展開。ADAM ET ROPE’ /【NIKKE】CELL SERGE シャツ ¥28,600

ー実際に試着してみてどうでしたか?

神原:単品で見るときはきれいな印象だったので、最初はスラックスに合わせようかなと思っていたんです。ただ、実際に着てみると生地に厚みがあるせいか、デニムとかカーゴパンツのような男っぽいパンツに合わせてもしっくり来た。そこは試着してみてわかったことでしたね。

神原さんは少し明るさがあるグレージュカラーのほうを購入。ネイビーやブラックといった暗い色味のアウターとの相性を考えてのことだそう。

ー当初の想定のきれい目に着る使い方だけでなく、男っぽいテイストにも合わせられると。実は守備範囲が広い一着だったんですね。

神原:そもそも、僕はポンポン服を買うタイプではないんです。自分の中にあるいくつかの審査基準を通過したものだけを買いたい。本当に気に入った服以外は自分のワードローブに置いておきたくないんです。

ーショップスタッフの方にしては、やや意外なコメントです。

神原:そうですかね(笑) 見た目とか着心地とか、審査は3段階くらいありますよ。あとはその服のバックボーンの部分も僕にとっては大事。このシャツも明治時代から続いている老舗のメーカーの生地を使っています。当時は軍服なども作っていた会社です。そういう背景の延長として、今このシャツがある。そういうストーリー性がある服に最近は惹かれますね。

シャツ / ADAM ET ROPÉ 、パンツ / ADAM ET ROPÉ、シューズ / FORME

ADAM ET ROPÉ 渋谷PARCO店
住所: 東京都渋谷区宇田川町15-1 3F
TEL: 03-6712-7949
営業時間: 11:00-20:00

3.奥村隼也さん(Sig FREAK’S STORE 新宿LUMINE2店)

2020年3月にオープンしたSig FREAK’S STORE(シグフリークスストア)新宿LUMINE2店。話を伺うのは店長を務める奥村さん。こう見えて大の古着好き。

自分たちの「欲しい」を形にしたジャケット

ーそもそも、ショップスタッフさんって、いつもどうやってご自身の服を買われているんですか?

奥村:実際に着ている姿をお客様に見せるために買うこともありますが、今回のジャケットはまた少し違います。

ーというと?

奥村:実は、春の自粛休業の期間に、僕ら販売スタッフはオリジナルアイテムの企画会議をしていたんです。実際のスタッフの声を形にしたアイテムだったので、僕ら自身も楽しみにしていました。

着用や洗濯を繰り返しても、色落ちや形崩れがしにくいテックチノ素材を使用したジャケット。同じ箇所を五万回こすっても擦り切れないという。ノーカラーの襟元やフロントを留めるストラップに遊び心も感じられる一着。Sig freak’s store / テックチノコンフォートジャケット ¥17,380(税込)

ーどういった部分にスタッフさんの声が生かされたのでしょう?

奥村:僕は今年齢が28なんです。うちの店のスタッフも大体30前後。となると、いつまでもスウェットばかりを着て出かけられなくなってきたというか。やっぱり少しいいお店にも行きたくなるじゃないですか。

ーよくわかります。

奥村:そういう時に着る服を意外と持っていなかったんですよね。年齢とともに徐々に変わりつつある自分の生活シーンの中で、「ジャケットはやっぱり欲しいな」と。とはいえ、堅苦しい一着を買っても、あまり着る機会がないようでは意味がない。ベーシックなジャケットをもう少し着崩したイメージのものが、僕ら自身も欲しかったんです。

フロントは比翼仕立てで、ボタンでも止められる。ノーカラーなのでカーディガン感覚で使えるジャケットだ。

ー今日のコーディネートについても聞かせてください。

奥村:元々、楽に着られるアイテムが好きだし、サイジングもやや大きめのほうが好み。窮屈なのが嫌なんです。なので、今日もインナーとパンツはスウェット。実際に自分のリモートワーク時もこの上下を着ていることが多かったです。で、外に出かける時は今回のジャケットを羽織ると。そうすると、ちゃんと外着っぽい見え方になるんですよね。

奥村さんのリモートワーク中にも活躍したという同店オリジナルのスウェット上下。
ジャケット/ Sig FREAK’S STORE 、パンツ / Sig FREAK’S STORE、スウェット / Sig FREAK’S STORE、シューズ / VEJA

Sig FREAK’S STORE新宿ルミネ2店
住所: 東京都新宿区新宿3-38-2 新宿LUMINE2 3F
TEL: 03-5989-0407
営業時間: 11:00-21:30、土日祝10:30-21:30

MORE FOR YOU

あのお店のプレイリスト|仲町台Euphonica vol.7「夏の名残り」
#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜
メガネのプロが愛用する「サングラス」を調査!│PROPS 今井太輔
「“いろんな意味”で履きやすい」ZABOU 大井さんがVANSのオーセンティックを偏愛する理由。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選
  5. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。