FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【冬キャンプ&タウンユース兼用アウターを探せ!】総集編

短期連載「冬キャンプ&タウンユース兼用アウターを探せ!」、今回は総集編です。vol.1〜5までに登場したアウターを一挙まとめてご紹介。気温も下がってきたので、冬アウターを探している方はぜひご参考にどうぞ!!

vol.1〈クレセントダウンワークス〉のクラシコパーカー

Crescent Down Works ¥95,700(税込)/ ZABOU TOKYO

創業から50年近く経った今もアメリカ製を貫く、シアトル発ブランドの定番ダウン。フェザーが混じっていないダウン100%がパンパンに詰まっており、もふもふな着心地を味わえる一品。レトロアウトドアを感じさせる、ロクヨンクロスとバイカラーの組み合わせもグッドです。

記事はこちら

vol.2 〈バーラップ アウトフィッター〉のボタンフロントパーカー

burlap outfitter ¥42,900(税込)/ encinitas

スウェーデン軍のスノーパーカーをモチーフに作られた〈バーラップアウトフィッター〉のジャケット。内容物にはプリマロフトがたっぷり200g入っているため、防寒性はすこぶる高し。化繊綿なのでキャンプで汚れた後に“家で洗える”というのもポイントです。

記事はこちら

vol.3 〈ローター〉のブリザテックナイロンフードブルゾン

ROTAR ¥49,500(税込)/ ANCHOR

〈ローター〉のブルゾンは、東レの防水透湿素材「ブリザテックナイロン」を採用。機能性が高いのはもちろん、とにかく軽いのも特徴。裏身頃はフリースで着心地も上々!

記事はこちら

vol.4 〈ハブアグッドデイ〉×〈ナンガ〉のフードダウンコート

Have a good day×Nanga ¥51,700(税込)/Lampa

今回唯一の焚き火対応モデルである〈ハブアグッドデイ〉×〈ナンガ〉のフードコート。素材にナンガの難燃素材“TAKIBI”、内容物にもこれまたナンガのダウンを使用しつつ、どこか都会的なルックスというのが◎ これぞ、兼用アウターです。

記事はこちら

vol.5 〈イエティ〉のノルディックダウンジャケット

Yeti ¥66.000(税込) / Adam et Rope’ 渋谷パルコ店

キャンプで「イエティ」と言えば、クーラーボックスをイメージしてしまいますが…こちらはアメリカではなく、ドイツ(デンマーク)の〈イエティ〉。登山ウェアとしての実績もある本格派のアウトドアブランドです。寒い地域で作られたウェアなだけあり、冬キャンプでの信頼度も十分にあるかと。

記事はこちら

MORE FOR YOU

初めて買ったアートフォト。作品に合う額縁を自由が丘・祝日堂でフルオーダー!
【みんなのシン・デニム#01】値段も太さもすべてがちょうどいい、プリズンブルースのペインターデニム
あのお店のプレイリスト|仲町台Euphonica vol.7「夏の名残り」
#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  5. スタジャン、モヘアカーディガン、ナルゲン(?)etc…秋冬のトレンド傾向がようやく分かってきた? #編集部のラジオ