FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

トレンドの中心にはいつもミリタリーがある。中目黒の名店「hallelu」が選ぶ、現代でもデザインソースとされるミリタリーウェア3選

r0014053_1024
今シーズン、トレンドの最先端に何年振りかに帰ってきたミリタリー。今でこそファッションにおけるカテゴリーの一つとして数えられていますが、元を辿れば国の威信をかけて戦った人たちのための戦闘服。そこには考え抜かれた機能美とも言うべき洗練性が垣間見えます。

今回は、中目黒の古着屋「hallelu」の店長加瀬さんに、現代でもデザインソースとされるミリタリーウェアを3つピックアップしていただきました。どれも見たことがあるものばかりで、各パーツのそもそもの意味なんかも知れます。洋服の買い物に別の視点が加わって楽しみの一つになるかもしれないので、ぜひ参考にしてくださいね。

・US Navy – A-2デッキジャケット

r0014039_1024

US Navy – Dead Stock – A-2 Deck Jacket  ¥39,852(tax.in)

こちらは1960年代ベトナム戦前期、前身のN-1デッキジャケットに変わり、USネイビーに採用された〈A-2デッキジャケット〉。寒い海上デッキでの作業用に開発されたアイテムなので、防寒性、防風性に大変優れた1枚です。アッパーにはミリタリーウェア特有のシャリ感を感じることができるコットン×ナイロン混紡生地を使用し、ライニングにはボアを貼り付け。

r0014047_1024

USミリタリーのヘビーアウターとしては珍しく若干細身となったシルエットで、さらにウエストは絞り調節が可能。そのため厚手のインナーを着込みたい時は緩く調節、薄い物の時はきつく絞るなど、寒暖差で使い分けることができます。

デザイン自体も現代のアイテムに馴染みやすいオールマイティーなA-2デッキジャケットは、ミリタリー市場では枯渇状態に陥っており値段が高騰しているので、気になったら即買いをおすすめするアイテムです。

>>Next:こちらもミリタリー市場では枯渇状態?N-1デッキジャケット

MORE FOR YOU

結局サンダルって、何履いてる?#01 Lampa遠山勇さん
あのお店のプレイリスト|co:do vol.1「PKキアイα」
顔が大きい人はどう選ぶ?夏のサングラスをPROPSで探そう!【後編】
「ラルフがまた一周したんです」。古着のプロが今ラルフローレンに注目する理由とは?
餅は餅屋、サングラスはメガネ屋?夏のサングラスをPROPSで探そう!【前編】
ショップスタッフ7人に聞いた「雨の日の足元事情」 #梅雨のウェア再考

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選