FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

トレンドの中心にはいつもミリタリーがある。中目黒の名店「hallelu」が選ぶ、現代でもデザインソースとされるミリタリーウェア3選

・US Navy – N-1 Deck Jacket

r0014057_1024

US Navy / N-1 Deck Jacket / ¥75,492(tax.in)

前ページでご紹介したA-2デッキジャケットの前身として、1944年にUSネイビーに正式採用された〈N-1デッキジャケット〉。A-2と同じく、寒い海上デッキでの作業用に開発されたので、こちらも防寒性、防風性に優れたアイテムです。アッパーにはN-1ジャケット特有のジャングルクロスのボディー、ライニングはアルパカなどの素材を使用しています。

r0014066_1024
A-2に見られた胸ポケットはなく、襟のデザインも異なります。また、生産性とコスト面を見直す前のモノということで、A-2に比べてやはり見るからに暖かそう。

基本的に変わらないシンプルなデザインは、気軽に羽織れて、現代のアイテムにも柔軟に対応してくれそうですね。こちらも、ミリタリー市場では枯渇状態ゆえに高騰しているジャケットなので、気になる人はお早めに。

>>Next:フランス軍のバイク部隊が採用していた、モーターサイクルジャケット

MORE FOR YOU

#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜
メガネのプロが愛用する「サングラス」を調査!│PROPS 今井太輔
「“いろんな意味”で履きやすい」ZABOU 大井さんがVANSのオーセンティックを偏愛する理由。
結局サンダルって、何履いてる?#03 GOODLOSER 古口悠さん

RANKING

  1. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
  5. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。