FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

今年のアウターどこで買う?│vol.3 ADONUST MUSEUM #いいお店の日

いよいよ本格的なアウターが欲しくなる時期。当てもなく探しに行くより、ある程度目星を付けてから出かけたいもの。この企画では各セレクトショップが推す自慢のアウターをスナップ形式でインタビュー。気になるアウターが見つかったらぜひ店頭でご試着を。今回訪れたのは代官山のADONUST MUSEUMです。


一着ずつ表情が違うリメイクカバーオール
vol.3 ADONUST MUSEUM(角田泰博さん)

ーADONUST MUSEUMさん、イチ推しのアウターは何ですか?

〈AS STANDARD〉×〈2ndexistence〉の古着リメイクのカバーオールです。〈Carhartt〉や〈Dickies〉のカバーオールやブルゾンをリメイクしているアイテムですが、全てベースが違うので同じようなカスタムでも一つ一つ表情が違うんですよね。そこが今っぽい。アソートなので、ネットよりも店頭で見てもらうのが一番いいと思います。

ーリメイクのポイントは?

表のポケット部分だけでなく、裏地も新品にしてます。全体的にちょっと上質に見せるようにカスタマイズされていますね。これなら古着が苦手な人でも着られそうですし、他の人と一緒の服が嫌って人にも良いんじゃないかなと。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ーお店での評判はどうですか?

〈Dickies〉ベースの方はもう全部売れちゃって、今は〈Carhartt〉の方しかないんですよ。元々このコラボでは〈Levi’s〉の501や550のリメイクデニムもやっていて、それが人気というのも評判が良い理由ですね。と言っても、玄人好みではあると思いますけどね(笑)

Remake JKT

〈AS STANDARD〉と日本のリメイクブランド〈2ndexistence〉のコラボジャケット。全てアソート展開の一点物で、今回角田さんが着用しているのは〈Carhartt〉の企業物カバーオールをベースに作られている。フロントのポケットだけでなく新品の裏地をつけるなど、古着に抵抗がある人でも着やすいデザインが魅力。 AS STANDARD × 2ND EXISTENCES / リメイクJK H ¥27,500

この商品を詳しく見る


Shop Information

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ADONUST MUSEUM

〈AS STANDARD〉、〈ROTTWEILER〉、〈dress hippy〉など都内にはあまりセレクトがないブランドを多く取り揃える代官山のセレクトショップ。取り扱いブランドのコアファンやデイリーカジュアルウェアを求める30〜40代の客層からの支持が厚い。定期的にサンプルセールなども行っている。

住所:東京都渋谷区鶯谷町4-1
営業時間:13:00 – 20:00(土曜のみ12:00 – 19:00)
定休日:日曜日

MORE FOR YOU

【22SS 個店的トレンド】ヒップホップなデニムセットアップ(Lampa遠山勇さん)
【22SS 個店的トレンド】80〜90年代のオルタナティブ・ロックバンド(LILY 加藤宏輔さん)
組み合わせは25通り! プロは〈ニューバランス〉のセットアップ「MET24」をどう選ぶ?
#11 manewoldのデザートソックス|勝手にソックス名鑑
本家の復刻ジーンズ『リーバイス ビンテージ クロージング(LVC)』の魅力って?
#10 NEEDLESのアーガイルソックス|勝手にソックス名鑑

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  2. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選
  3. 最強コスパ!ビッグヒットを記録している、無地T、無地ポケT入荷しました!
  4. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選
  5. 厚手だけど着心地軽めのTシャツを教えて! #編集部のラジオ