FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【お洒落パイセンは“似合わない”をこう克服してきた!#01】ボタンダウンシャツはアメリカの青春映画でイメージを刷新

自分には似合わないな〜と思っている服、ありますよね? お店では試着することも無くなって、いつしか目にすら入らなくなっている。ただそんな敬遠してきた服を克服した日には…!さぞかし楽しい日が待っていることでしょう。

というわけで、春まであと少し。新年度はもうすぐそこ。始まりの時が、変わり時! ここはひとつ酸いも甘いも知るお洒落パイセンのエピソードを参考に、自分の“似合わない”を克服していきましょう!



克服アイテム#01_
ボタンダウンシャツ

ニット(ジェームスシャルロット×セプティズ)、シャツ(アイクベーハー)、パンツ(バーンストーマー×セプティズ)、ネクタイ(ベントレークラバッツ)、シューズ(ジーエイチバス)

白木凛太郎さん(SEPTISスタッフ)
実は、うちのお店に入る前はボタンダウンシャツが苦手だったんです。というのも、ちゃんと服を好きになり始めたのが高1の時。当時はヴァージル・アブローの影響でストリートスタイルに傾倒していて、デカイ服ばかり着ていました。で、最初にボタンダウンシャツを見つけたのが古着屋で、「なんか変なボタンが付いてるぞ?」という状態。結局、その柄に惹かれて購入したのでボタンは取って着ていました……(笑)。

ただ、うちのお店に入ってからは、トラディショナルなスタイルを勉強しなきゃいけないと思い本を読み漁りましたね。そうすると、当然ボタンの意味も知ることになる。そして一つのアイテムだけでなく、組み合わせで勝負することのかっこよさもわかってくる。「ああ、こうやって着るんだな」って。

オーナーの玉木に薦められた『ダイナー(1982)』という映画にも影響を受けました。なにがかっこいいかって、自分ら世代の若者たちが、普通の食堂(=ダイナー)に行くにもビシッとタイドアップしていくんですよ? ベラベラ喋るためだけですよ? 服装も含めて、そのスタイルは当時の自分に雷みたいな衝撃を与えましたね。自分の中でのボタンダウンシャツへのイメージが変わったんです。まさにコペルニクス的転回です。

当時に衝撃をそのまま再現しようと思い、今回は「THE・アイビー」をテーマに組んでみました。春らしいカラーのチルデンニットの下には、お店で初めて買ったネクタイとボタンダウンシャツを。そういえば、ネクタイはスーツの時に付けるものだと思っていたのも懐かしいですね……。ちょっと初心に帰った気持ちです(笑)。

MORE FOR YOU

#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜
メガネのプロが愛用する「サングラス」を調査!│PROPS 今井太輔
「“いろんな意味”で履きやすい」ZABOU 大井さんがVANSのオーセンティックを偏愛する理由。
結局サンダルって、何履いてる?#03 GOODLOSER 古口悠さん

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  4. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで