FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

STYLERとACROSSが探るネクストトレンド 第四弾「ビッグ&ビッグシルエット」

_p8a3380_1024のコピー

“Photograph by ACROSS, PARCO”

STYLER MAGとパルコが運営するストリートファッション・マーケティングマガジン「ACROSS」との共同企画STYLERとACROSSが探るネクストトレンド。この企画では、1980年から行われているACROSSの定点観測からネクストトレンドを探し、STYLER MAGがトレンドに合ったアイテムをテイアンしていきます!

・ストリートのトレンドは「ビッグ&ビッグシルエット」

srnrj2000003bb3nのコピー

“Photograph & Interview by ACROSS,PARCO”

第四弾となる今回見つけたネクストトレンドは「ビッグ&ビッグシルエット」。11月の定点観測によると、ストリートではトップス・ボトムス問わず、ビッグシルエットの服や、ビッグなアイテムを着用している人が増えているそうです。

レディースのガウチョやメンズのワイドパンツに続き、メンズ・レディース共におきているトレンドのようです。このまま、春夏にも続いていきそうなこのビッグシルエットは注目したいところ。そこで、ここからはSTYLER MAGがオススメするビッグ&ビッグシルエットのアイテムをご紹介していきます!

・モードな雰囲気があるURUのダブルフェイスコート

URU___DOUBEL_FACE_COAT__NAVY__-_FREEDOM_FROM_COMMONSENSE_

URU___DOUBEL_FACE_COAT__NAVY__-_FREEDOM_FROM_COMMONSENSE_

URU – DOUBEL FACE COAT ¥120,000(tax.in)

「URU」のコートは、ドロップショルダー且つくるぶし丈ほどの着丈をもつビッグでロングなシルエット。その反面、繊細で柔らかく、驚くほど軽いウールニットをダブルフェイスに仕上げているので保温性とノンストレスを実現しています。上品でユルさを手にしてしまった秀逸なコートはかなり着回しが効きそうです。

・鹿の子のビッグシルエットニット

1_000000000603

4_000000000603

crepuscule – Knit Crewneck ¥21,600(tax.in)

「crepuscule」が定番で出している鹿の子のクルーネック。ビッグシルエットと言ったら同ブランドの代名詞であるドロップショルダーのこのアイテムは外せません。裾・袖とボディの異なる編み立てが良いアクセントとなっており、一枚で着たくなるほど中毒性のあるシルエットを生み出してくれます。色違いで買っておいて損はない一着と言えます。

またストリートのトレンドが気になる方は、ぜひ下記のリンクからACROSSまでどうぞ!

定点観測 第419回 ビッグシルエット+ポシェットの80sスタイル – ACROSS

Text.Yuya Iwasaki

 

MORE FOR YOU

#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜
メガネのプロが愛用する「サングラス」を調査!│PROPS 今井太輔
「“いろんな意味”で履きやすい」ZABOU 大井さんがVANSのオーセンティックを偏愛する理由。
結局サンダルって、何履いてる?#03 GOODLOSER 古口悠さん

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  4. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで