FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

STYLERとACROSSが探るネクストトレンド 第六弾「フライトジャケット/MA-1」

_p8a1673のコピー

“Photograph by ACROSS, PARCO”

STYLER MAGとパルコが運営するストリートファッション・マーケティングマガジン「ACROSS」との共同企画STYLERとACROSSが探るネクストトレンド。この企画では、1980年から行われているACROSSの定点観測からネクストトレンドを探し、STYLER MAGがトレンドに合ったアイテムをピックアップしていきます!

第六弾となる今回見つけたネクストトレンドはMA-1。1月の定点観測によると、メンズ・レディース共にカーキのMA-1を着用している人が多く見受けられました。ブラックやネイビーが着まわしの効くカラーとして20代には認知されている中、回りに回って再浮上してきた今季トレンドの“ミリタリー”が背中を押したからでしょうか?

307_720のコピー

“Photograph by ACROSS, PARCO”

もともと狭いコックピットで機材や機器に引っかからないようにするためシンプルな外見が与えられているMA-1。ミリタリーアイテムでありながら今ストリートで多く着用されているのもそのためでしょう。というのは一見解。

・脱・シティボーイ?

1980年以降、ストリートで定点観測しているACROSS編集部からまず聞いてみました。曰く…

定点観測では2014年11月にも取り上げたMA-1ですが、当時は、スタジアムジャンパーやライダースといったショート丈ブルゾンの『新定番』として取り入れられていました。

今シーズンは、暖冬を背景に、『脱・シティボーイ』 という意味もあってか、昨年流行ったチェスターコートから『ストリート感』のあるブルゾンスタイルに戻っており、『ミリタリーアイテム』という機能性や、ボリューム感あるシルエットが支持されているんだと思います。


teiten_now

・レイヤードスタイルが地続きになっている?

上質な大人のストリートスタイルを打ち出す学芸大学のセレクトショップLINKSの酒井さんにも聞いてみました。曰く…

「実は3年前の前職での商品企画でMA-1がすでに挙がっていたのですが、年々気運が高まってきて昨年の秋冬にようやくマスに広がった感じがしますね。

MA-1の特徴であるノーカラーと短丈という点も流行を負っているポイントだと思います。

ここ2年くらいMA-1に限らずノーカラーのアイテムであったり、それに合わせてタートルネックがあったりと、首回りを意識したスタイルが流行っていました。

なので、すでにお持ちのそれらのモノと合わせるアイテムとして、ミリタリーの中でも一般的なMA-1が良いタイミングで入ってきたというとこでしょうか。

スクリーンショット 2016-01-21 15.39.47
ファッション誌の影響ももちろんあるとは思いますが、街で多く見かけるようになったのは、本企画でも前回取り上げたタートルネックとトレンドのダブルフックが大きく起因しているようです。

今季特に盛り上がっていますが、もともと定番として認知されていたMA-1は今後も要注目。そこで今回は、STYLERに参加しているショップからピックアップしてみました。以前にもご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

・アイテムピックアップ

1_000000004406

2_000000004406

DEADSTOCK – ALPHA INDUSTRIES MA-1 JACKET – NAVY ¥21,600 (tax inc.)

こちらは写真の中でも着用されている、フライトジャケットの最大手「ALPHA INDUSTRIES(アルファインダストリーズ)」のアメリカ製MA-1のデッドストック。最も有名なフライトジャケットの一つである「MA-1」ジャケット。狭いコックピットを意識した、前身ごろより短めの後身ごろや、立体的な裁断縫製、袖口の2段リブ等、機能性に考慮した、まさに本物仕様のMA-1です。近年市民権を得たカラーであるネイビーがデッドストックとして残っている珍しさに惹かれた方はいかがでしょうか?

94658365
94658365_o3

BUZZ RICKSON’S – WILLIAM GIBSON COLLECTION “TYPE BLACK L-2B,REGULAR SOLID MODEL ¥ 45,360 (tax inc.)

往年の味わい深いフライトジャケットを限りなく忠実に再現してきた「BUZZ RICKSON’S」のL2-B。MA-1に似たデザインですが、細かい仕様で若干異なるL2-Bには、酸素マスク用のタブやエポレットを配されています。小説家ウィリアム・ギブソン氏によって生まれたヴィンテージには存在しないブラックが引き立てる、光沢感のあるヘビーナイロン、ファスナーの引き手についた革の質も魅力の一つ。ヴィンテージを徹底的に分析し、素材の復元から試みる同ブランドの出色の出来栄えです。真のレプリカという言葉に惹かれた方にはぜひお試しいただきたい一着です。

STYLERとACROSSが探るネクストトレンド第六弾「フライトジャケット/MA-1」はいかがでしたでしょうか?ファッション性だけでなく男心がくすぐられる機能性も満載のアイテムです。ぜひ今シーズンからさっそく取り入れてみてくださいね。

まだまだストリートのトレンドが気になる方は、ぜひ下記のリンクからACROSSまでどうぞ!

定点観測 第421回 MA-1+前髪男子+ナマ脚 – ACROSS

Text.Shunsuke Mizoguchi

MORE FOR YOU

【#7】梅雨のファッションどうしてる? │HUNKY DORY 塚本康博
【#6】梅雨のファッションどうしてる? │ANCHOR 太田祐介
デカい服の魔境。唯一無二のヘビーウェイトTシャツ、ストリートな半袖シャツetc.|夏の大三“カッケー”発見 #03
【#5】梅雨のファッションどうしてる? │Euphonica 井本征志
【#4】梅雨のファッションどうしてる? │SEPTIS 白木凛太郎
実はかっこいい「短パン×長袖」。アパレルのプロの着こなしは? |#02 ZABOU OSAKA

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選