FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

一度は訪れたい粋なセレクトショップ。シンプル&ユニークな「神戸の新鋭ショップ」の想いとは

またまた良い店、見つけました。

居心地の良い空間で“シンプル&ユニーク”をコンセプトに、国内国外、新品古着問わずにセレクトする、神戸・元町の『Cedre Clothing Store』。

挽き立てのドリップコーヒーまで提供される店内で、良質なブランドをゆっくりと見られる同店。今回はオーナー・杉本さんに、なぜお店を立ち上げたのか、根掘り葉掘り聞いてきました!


cedre_02

cedre_13
オーナー|杉本 征治さん
兵庫県産まれ兵庫育ち。1男1女の父としての顔も持つ。高校時代に服に興味を持ち始め、当時は禁止されているバイトをしてはバイト代を服に費やしストリート全盛期を謳歌した。

– Cedre Clothing Storeを立ち上げようと思った理由は?

学生の頃からメンズショップのスタッフをしていたこともあり、立ち上げるならメンズショップと決めていました。ショップスタッフの後、婦人靴の営業へ転職し、その仕事の中で神戸で活躍される社長さんやオーナーさんと交流ができたことが起業のきっかけです。

そこででは百貨店を担当していたのですが、レディースに比べてメンズの肩身の狭さというのが客観的に分かってきて、ある種の危機感と共にチャンスもあるなと思うようになってきました。

– 危機感とチャンスっていうのは具体的にどのような感覚なんですか?

メンズって売れるものが偏るというか、全国的に売れるものが決まってしまっていて、どのお店に行っても同じものが売られているという状況です。

相対的に見ると独自性や地域性がない気がして、それが危機感。大きなビジネスになると社会の流れに合わせないといけない反面、僕個人のお店なら地域性や独自性を持った面白いお店を作れるんじゃないかって思ったんです。

cedre_04

cedre_09

– お店のコンセプトを「シンプル&ユニーク」「居心地の良い空間の提供」にした理由について教えてください。

まず、「シンプル&ユニーク」っていうのは商品セレクトに対するコンセプトです。僕自身シンプルなものが好きなんですが、僕の中のシンプルの定義は素材や作りのクオリティが高いモノ。でも、時には派手なものやハズシのあるものが欲しいし、物自体がシンプルでも背景が面白いものも欲しい。

cedre_15

店舗コンセプトはトイレにまで反映されている

「居心地の良い空間の提供」は店舗コンセプト。前職では効率が全てにおいて優先されていたのですが、逆に非効率と言われるようなことをしたいなと。昔、先輩から教えてもらった言葉に、「売り場はテーマパーク」というのがあって、ついつい長居してしまう、服を買う以外でも行く理由があるお店にしたかったんです。お客さんが家に帰って、「あの店面白かったな」と思ってもらえると最高ですね。

cedre_11

cedre_10

– 取り扱いブランドをセレクトする基準は?

ブランドのセレクトは単純に好きなものっていうのもありますが、縁みたいなものだと思っています。RYUは学生の頃から買っていたブランドで、ナーディーズは別ブランドのエフィレボルからの紹介です。

岡山のシャツブランド「セブンスセンスフォークロア」は、たまたま児島に遊びに行った時に入ったお店で購入したのがきっかけです。古着やアメリカのデッドなんかはやはりルーツが面白いから。服は所詮「かっこいい」かどうかだと思っています。そこに新品だから古着だからっていうのは関係なくて。

– そんな中で、特に思い入れのあるブランドはありますか?

特に思い入れのあるブランドはRESOLUTEです。ジーパンは昔から好きだったんですが、ミーハーなので色々なデニムを買っては処分したりしてきました。そんな中でRESOLUTEは何にでも合わせやすいし、自分独自の色落ちを楽しめる。僕の中では他のデニムブランドとは違う特別なブランドで、お店のコンセプトにもがっつりはまるブランドです。いざ取引をしようと思った時に、めちゃくちゃ大企業のグループだったので取り扱いをさせてもらえるか不安でしたが、取引ができることになりとても嬉しかったです。

cedre_03

– 店頭ではコーヒーも提供してますよね?

単純にコーヒーが好きっていうのもありますが、服屋だけど服だけのお店にしたくなかった。最初に「サイズお出ししますよ」とか、「試着できますよ」って言うのが嫌で、「コーヒー飲みません?」って言うようにしてます。だいたいのお客さんが「えっ?」てっ感じで笑ってくれますよ。
最近は、拗らせすぎて資格習得のための勉強もしています(笑)

cedre_14

cedre_05

– 今後目指すお店のあり方はありますか?

やっぱりお客さんに「お店が面白い」と思ってもらえるようになりたい。お客さん目線の「居心地の良い空間の提供」はしっかり守って、その中で「服屋なのに?」っていう視点でやっていきたい。オンラインショップもやってますが、やっぱり商売の基本は対面販売。来店されるお客さんが喜んでもらえるようなことをやっていきたいと思います。
是非コーヒーだけでも飲みにきてください。押し売りはしませんから(笑)

cedre_12

Cedre Clothing Store(セドル・クロージング・ストア)

cedre_01

RESOLUTE、THE NERDYS、RYUなどの国内ブランドをメインに「シンプル&ユニーク」をコンセプトにセレクト。 また「居心地の良い空間の提供」を店舗コンセプトにリラックスして買い物を楽しめるよう、店内のカフェカウンターにて挽き立てのドリップコーヒーの無料サービスも。随時買い付けられる、希少なデッドストックアイテムにも注目。

MORE FOR YOU

あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.7「90年代ヒップホップ第2弾」
セレクトショップ謹製、「休日」に聴きたいプレイリスト。
5年前って何着てた?|私的アメカジアップデート術【HUNKY DORY 塚本さん】
今欲しい「シャカアウター」4選 #春はシャカシャカが着たい!
【春はシャカシャカが着たい!】#4 Snow Peakの2.5Lレインジャケット
あのお店のプレイリスト|ADAM ET ROPE’渋谷PARCO店 vol.2「歌詞? 己で見つけろ! インスト特集!」

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで