FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【プロの着こなし】トレンドの開襟シャツ、ショップ店員はどう着こなす(蔵前編)

昨年の90年代リバイバルを追い風に、いまではすっかり定番化した開襟シャツ。ただ、同じシャツでもレギュラーカラーやボタンダウンシャツとはどこか雰囲気が異なる分、コーディネートが意外と難しかったり。

あの特徴的な襟元からインナーは見えていいのか、否か。パンツはどの形がいいのか。そんな駆け引きを繰り広げてしまうはず。そこで今回は「チノパンの着こなし」次ぐ、第二弾。ショップスタッフに開襟シャツの着こなし方を聞いてきました。

インドアな編集部が重い腰を上げて、向かったのは渋谷から電車に揺られること、およそ30分。下町情緒感じる蔵前のセレクトショップ「WEEKENDER SHOP」店主の芹澤さんの元。さて、どんな着こなしを披露してくれたのか、気になる内容は下の動画にて。

コーディネートに使用したアイテム

comm.arch. – Open Collar Shirt ¥19,440(税込)

STILL BY HAND – ボーダーTシャツ ¥10,800(税込)

blurhms – Super Mild Bulky Jersey Pin Tuck Trousers ¥22,680(税込)

STILL BY HAND – 1タックセンタープレスコットンパンツ【PT0791】Navy ¥17,280(税込)

スタッフプロフィール


芹澤 伸介(WEEKENDER SHOP 店主)
東京のブルックリンと称される蔵前に構える「WEEKENDER SHOP」の店主。一番おいしい飲み物、と芹澤さんが謳うのはCOFFEE NOVA(コフィノワ)のエスプレッソバナナシェイク。

ショップ取材記事:
わざわざ行きたい店の、わざわざ会いたい人。蔵前「WEEKENDER SHOP」のアレコレ

MORE FOR YOU

FACYからのお年玉!1月10日から10%オフ 更に友達紹介で最大5000円割引をゲット!
大人の上質さを高めたバブアー(BARBOUR)の限定モデル
初売りを制するラスカ(LASKA)モンスターヒットの理由とは
脱広告宣言!FACYに買いたいブランドやショップを紹介いただければ、5万円相当まで差し上げます。
「年末年始に家でごろごろしてる」を読んでる時に聞くボーナストラック【特別企画】
今の気分にフィットするチャンピオン(CHAMPION)のスウェット

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を