FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【みんなのシン・デニム#03】機能性たっぷりなザ・ノース・フェイス パープルレーベルのワイドテーパードデニム

巡り巡ってアメカジが再燃中。そこで気になるのがキ・ホ・ンのキとも言えるデニム。秋の始め、誰もが取り入れやすく汎用性たっぷりなアイテムはぜひとも手に入れておきたいところ。でも今選ぶならどんなもの? その参考に、ファッションのプロが選ぶ推しデニムをチェック!


阿部宏哉さん(nanamica DAIKANYAMAストアマネージャー

ナナミカに入社して10年を超える同店きってのベテランスタッフ。オールタイムベストなデニムは「やっぱりリーバイス501」。安定感抜群なところが魅力と話す。趣味はスキューバ、フットサルとアウトドア派。沖縄をこよなく愛するリゾートダイバー。

シン・デニム#03
THE NORTH FACE PURPLE LABEL/Webbing Belt Denim Wide Tapered Pants

previous arrow
next arrow
Slider


ーズバリ、今推しのデニムは?

90年代のトレッキングパンツをベースにデザインした、〈ザ・ノース・フェイス パープルレーベル〉のワイドテーパードデニムです。実はこの形自体ザ・ノース・フェイス パープルレーベルでは鉄板のシルエットでして、シーズンによって素材を変え色を変えリリースしているんです。お客様からも大変好評で、在庫の動きがとても早い……。で、ちょうど良いタイミングで入荷したのがこちらのブラックデニムです(※9月上旬に取材)。

ーあら、それは福音! やっぱり今デニムを選ぶなら、ワイドですか。

ですね。ナナミカでもワイドシルエットは人気で、やはり店頭でも好評です。あとポイントとして、ザ・ノース・フェイス パープルレーベルならではの機能的な作りも人気の理由かと。

例えば股下部分。トレッキングパンツによく見られるディテールで、足の可動域を広げてくれるマチが付いているんです。足を開いても生地が突っ張らないので、とにかく動きやすいんですよね。

トレッキングパンツを踏襲したディテールはこちらにも。ウェービングベルトです。もはや説明不明ですが、簡単に着脱・サイズ調整ができるのが魅力ですね。あとはパープルレーベルならではのネームタグもアクセントとして効いています。

ーまさに今の時代性とアウトドアウェアの要素がミックスされた、パープルレーベルらしいデニムですね。ちなみにインディゴブルーのフェードしたほうも展開がありますが、阿部さんはなぜブラックを選んだのですか?

自分が高校生の時、父親がブルーデニムをよく履いていたんです。そこで「おじさんがよく穿いているな」という印象がついてしまって(笑)、反対にブラックデニムをよく穿いていたんですよね。それが今すごく懐かしく思えて……という、極個人的な理由です(笑)

ー(笑)。でもうまく解釈すれば、おじさん臭くならないようにするならブラックで間違いないと。

でも、テーパードがしっかり効いていてシルエットが調整されているのでブルーのほうでもまったく問題ないですよ。ただやっぱり、ブラックが気になります(笑)。501の先染めのブラックデニムも探しているんですけどね。良い色落ちの個体がなかなかなくて……。今季はこのブラックデニムにお世話になりそうです。

シン・デニムコーデ#03
横乗りオールブラック〜現代ver.〜

ジャケット(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、Tシャツ(ナナミカ)、パンツ(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、キャップ(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、シューズ(私物)

ーこのデニムを活用した、今っぽいコーディネートは?

懐かしの高校時代を思い出して、ストリートっぽい雰囲気のアイテムでまとめてみました。今の空気感を取り込むためサイズ感は全体的に大きく、ルーズなパンツに合わせてジャケットも大きめのサイズを選んでいます。

ーたしかにサイズ感が今風です。でもブラックで統一している分、シックな印象ですね。

そうですね。ただ全身ブラックだとつまらないと思ったので、インナーにはボーダーTを挟んでいます。そのグレーを拾う形でキャップもグレーを選んで、全体の統一感を削がないようにしているのもポイントです。

previous arrow
next arrow
Slider


ージャケットは、コーチジャケットですか?

「65/35 Hopper Field Jacket」という名称なんですけど、自分は横乗りなコーチジャケットと解釈して着ていますね。ただ生地にはブランド定番の65/35ベイヘッドクロスを使用していて、表地にははっ水加工を施していると。デニム同様、機能性は抜かりないですね。

ーこのブラックデニムを使って、冬はどんな感じのコーディネートをしたいですか?

う〜ん、ミドルレンジのコートとか良さそうですね。あ、それこそ10月発売予定の「65/35 HYVENT Moutain Down Coat」と合わせたいですね。見た目はすっきりしているんですけど、しっかり光電子® ダウンが入ってるんです。デニムと一緒にぜひチェックしてみてほしいですね。


nanamica DAIKANYAMA

住所:東京都渋谷区猿楽町26-13
電話:03-5728-6550
営業:11:00-19:00
※新型コロナウィルス感染拡大予防のため、短縮営業をさせて頂いております。営業時間の変更になる可能性がございますので、店舗にお問い合わせください。


MORE FOR YOU

“いいニット”は何が違う? ニット好き店主によるとっておきのニット案内。
今年のアウターどこで買う?│vol.5 VA-VA CLOTHING&VARIETY #いいお店の日
今年のアウターどこで買う?│vol.4 JOURNAL STANDARD渋谷スクランブルスクエア店 #いいお店の日
今年のアウターどこで買う?│vol.3 ADONUST MUSEUM #いいお店の日
あのお店のプレイリスト|co:do vol.2「PKキアイβ」
今年のアウターどこで買う?│vol.2 ANCHOR(渋谷) #いいお店の日

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで