FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【interview】あらゆるジャンルの服をボーダレスに 吉祥寺のセレクトショップ「アQ」

soto

吉祥寺駅から西荻窪方面に歩くと見えてくる“アQ(AQUE)”。

車が多く行き交う五日市街道沿いに店を構え、日差しを浴びるとさらに映える白壁が目印だ。“PRODUCTAINMENT=PRODUCT+ENTERTAINMENT” をメインコンセプトに独自の感性でアイテムを収集し、多様なライフスタイルを提案する人気セレクトショップ。

そんなアQさんの特徴やSTYLERに期待することを取材しました。

・店名の“アQ”は興味を惹きます。由来はなんですか?

naka

中国の作家・魯迅の小説“阿Q正伝”からです。響きとパっと見のインパクトが面白くて、そこからヒントを得ました。また、“商人”は普通“あきんど”っていいますよね。あれは“あきゅうど”という読み方もあって、商いをする私たちのことも意味しています。

・お店のコンセプトを教えてください

ストリート、カジュアル、スポーツとか、それぞれ好きなスタイルがあると思いますが、それをボーダレスにしたような感じですね。お店としていいなと思ったアイテムを、あまりジャンルとか「これはこういう人が着る」とか、男女問わず、選んで着てほしいというコンセプトで選んでいます。

セレクトとしては、本当にそのブランド、モノとしていいものを並べています。「実物を見たらすごいよかった」とか、デザイナーさんの話をうかがって、「実は奥が深かった」とかそういうところに共感して決めています。アイテムの並べ方もちょっと他とは違いますね。あまり一緒に並べないブランドだったりとか、かわいい系のレディースとメンズのクラシックが隣同士に並んでいたりします。そういうところから、新しい発見とかお客さまが何か面白いと感じてくれるといいなと思っています。インスピレーションを刺激したいですね。

・おすすめのブランド・アイテムは?

comesandgoes

帽子だと、COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)。CA4LAのデザイナーさんが独立して始めたんですけど、モノ自体がすごく良いんです。スタンダードだけど、本当に帽子が好きなデザイナーさんが作っているので、ちょっとしたこだわりや被りやすさがありますね。サイズ展開が豊富なのも魅力。フリーサイズのワンサイズというのが多いなか、ちゃんと分けてそれぞれに合うように被れるんです。今シーズンはロングブリム(大きめのツバ)が流行っているんで、そのパナマハットはおすすめです。

NERDYS

ウェアでは、THE NERDYS(ザ ナーディーズ)。素材が特徴的ですね。例えば、夏服によく使われるデコボコしたサッカー素材というのがあるんですけど、それをデニムで作ってみたりとか。サッカー素材を他ではあまり見ないアイテムにも使っています。デザイン的にスタンダードなので、シンプルで着やすいです。

taakk

また、TAAKK(ターク)も人気です。女性のファンもいて、刺繍でスタッツを表現していたりとか、生地もイチから作っていたりして、仕事が繊細です。アイテムとしてはシンプルだけど、ディティールにこだわったデザインしています。

・STYLERに何を期待しますか?

直接、お客さまと交流できるのが新しいなと。これまでもTwitterなどのSNSで、商品案内の投稿を見たお客さまからコメントや電話をもらうことはありました。そのやりとりをスタイラー上でシンプルにできるので、お客さまが、「ぱっと見て思ったこと」をすぐお店とやり取りできるのは面白いです。オンラインショップもやっていますが、それだと既存顧客としかつながりません。アQを知らないユーザー様が来店するきっかけになったらうれしいですね。

アQ(AQUE)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-38-5 小川ビル1F
0422-27-6535
http://a-que.jp/


STYLERで探す

MORE FOR YOU

FACYからのお年玉!1月10日から10%オフ 更に友達紹介で最大5000円割引をゲット!
大人の上質さを高めたバブアー(BARBOUR)の限定モデル
初売りを制するラスカ(LASKA)モンスターヒットの理由とは
脱広告宣言!FACYに買いたいブランドやショップを紹介いただければ、5万円相当まで差し上げます。
「年末年始に家でごろごろしてる」を読んでる時に聞くボーナストラック【特別企画】
今の気分にフィットするチャンピオン(CHAMPION)のスウェット

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
  5. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)