FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.6「味噌汁ミュージック」

“TOKYO STRONG STYLE”をテーマに、タフで男らしく都会的なアイテムをセレクトする『Lampa(高円寺)』のオーナー・遠山さんが、その時々の気分に応じてプレイリストを公開。vol.6は「味噌汁ミュージック」。


遠山勇(高円寺「Lampa」オーナー)

「毎日でもOKで、しばらく食していないと無性に体が欲する味噌汁のような音楽を集めてみました。ぜひ楽しんでください」



1.Anita Baker/Good Love

「しっとりとした歌声がストレスを発散してくれます。特にサビの部分が印象的」

2.Joe Thomas/Coco

「春の穏やかな休日を連想する最高に気持ち良い曲」

3.Smokey Robinson/Quiet Storm

「何か嫌なことがあった時や挫折した時はとりあえずこれを聴いて元気に!」

4.Donald Byrd/Wind Parade

「なんとなくですが、黒い月夜をイメージしてします。心の奥底を揺さぶられる何度聞いても飽きない曲」

5.Dionne Warwick/You’re Gonna Need Me

「一度聴いたら病みつきになります。もう48年前の曲。未だに最高!」

6.Diana Ross/Ain’t No Mountain High Enough

「聴くと映画を見終わった後のような、壮大な物語を感じる曲。たまりません」

7.Harold Marvin&The Blue Notes/You Know How to Make Me Fees so Good

「盲目的に突き進んでお疲れの方はぜひこれを聴いてください。心の底から癒してくれます」

8.Esther Phillips/That’s All Right With Me

「なんとなく仲の良い友達とつるんでいた若かりし頃を思い出します」

9.The Main Ingredient/Over You

「この心に沁みるサウンドは、輝ける未来のヤングスター達にぜひとも聴いてほしいです」

10.The Blackbyrds/Mysterious Vibes

「お馴染みの方も多いであろう一曲。いつ聴いても好奇心を掻き立てられます」

11.Gary Burton/Las Vegas Tango

「幻想的な雰囲気にどっぷり浸ってください」

12.King James Version/I Still Love You

「イカれてる、イっちゃってる。天まで飛ばされそうなくらいに心地良いです」

13.Minnie Riperton/Alone in Brewster Bay

「空を駆けるミニ・リパートン。感慨にふける一曲です」

14.Tower of Power/Sparkling in The Sand

「ダイアモンドのようなキラキラした光ではなく、優しく暖かい光が体を包み込む感じ。やはり良いですね」

15.Sister Sledge/He’s The Greatest Dancer

「仲良し四姉妹による70’s全開な一曲。色褪せないですね」

16.Curtis Mayfield/You’re So Good to Me

「いつ聴いてもBe Happy! 本当に良い曲だと思います、これは」

17.Clara Nunes/Sabia

「涼しげなボーカルに心地良い曲調。“熱帯夜”でさえも快適にしてくれそうです」

18.Champaign/I’m on Fire

「ただ単に叫ぶのではなく、振り絞って出したような歌声に魂を感じ、心が熱くなります」

19.The Softones/Maybe Tomorrow

「『一人じゃないのよ、わかるでしょ?』と優しく問いかけられてるような雰囲気にやられます」

20.Bobby Glenn/Sounds Like a Love Song

「どこまでも美しく儚い音色に身を委ねたくなります。最高な気分にさせてくれますよ」




MORE FOR YOU

#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜
メガネのプロが愛用する「サングラス」を調査!│PROPS 今井太輔
「“いろんな意味”で履きやすい」ZABOU 大井さんがVANSのオーセンティックを偏愛する理由。
結局サンダルって、何履いてる?#03 GOODLOSER 古口悠さん

RANKING

  1. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
  5. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。