FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.7「90年代ヒップホップ第2弾」

“TOKYO STRONG STYLE”をテーマに、タフで男らしく都会的なアイテムをセレクトする『Lampa(高円寺)』のオーナー・遠山さんが、その時々の気分に応じてプレイリストを公開。vol.7は「90年代ヒップホップ第2弾」。


遠山勇(高円寺Lampaオーナー)

「今回はまた久しぶりに90年代ヒップホップをチョイスしてみました。第1弾は比較的『90年代ヒップホップといったら』という観点でフロア向けの選曲でしたが、今回は自宅でも落ち着いて聴ける雰囲気のものを中心に選んでいます。おうち時間のお供にぜひどうぞ」



1.Down South/Southern Comfort 

「個人的に好きなStretch Armstorngがプロデュースした一曲。たしかアルバムはカラーヴァイナル(色の付いたレコード)だったと思います」

2.Souls Of Mischief/Get The Girl,Grab The Money And Run 

「映画『ダーティ・シェイム(1994)』のサントラ曲。HIEROGLYPHICSのサウンドは今も色褪せないですね」

3.Mobb Deep/Give Up The Goods feat.Big Noyd

「クイーンズ区つながりのトラックに、ProdigyとHavocのラップが最高!」

4.Big Noyd/Usual Suspect feat.Mobb Deep

「当時のStretch Armstrongらしい綺麗なトラックに、Big NoydとMobb Deepのラップが心地いい」

5.KRS-One/Outta Here

「DJ Premierとヒップホップ大先生KRS-Oneによる男気溢れる一曲。心の奥底から揺さぶられます」

6.Group Home/Suspended In Time

「この曲はもちろんですが、収録されているアルバムも最高。DJ Premierワークのアルバムの中でも間違いなく5本の指に入る傑作」

7.Jeru The Damaja/Mental Stamina feat.Afu-ra

「おそらくシングルカットされていないので当時のクラブやミックステープで聴いた記憶が無いですが、とてつもなくカッコいいです」

8.The Alkaholiks/Likwidation

「西海岸のアーティストです。いわゆる西海岸サウンドではない愛すべき酒飲み3人組」

9.Artifacts/Lower da Boom

「いそうであまりいないグラフィックライター2人組。派手じゃないけど良い曲が多いですよ」

10.Black Moon/How Many MCs…       

「Expansionのデザイナー・書上氏も交流が深いBoot Camp Clikのグループによる一曲。自分にとっては“How Many Buyer…”ですかね」

11.D.I.T.C/Day One

「Diamond Dのトラックにラップ巧者によるマイクリレーがたまりません。激シブな一発」

12.Funkdoobiest/Rock On     

「Cypress Hillのメンバーであり、Soul AssassinsのリーダーであるDJ MUGGSによる一曲。心地よいサウンドで耳に優しい」

13.Da Youngstas/Mad Props

「Marley Marlの弟子であるK-Defによるトラックが光ります。何回聴いても飽きません」

14.O.C/Word…Life(DJ CELORYRemix

「Soul ScreamのDJ CELORYによるリミックス。オリジナルも良いけどリミックスのほうが個人的には好きです」

15. Kool G Rap/Browin Up In The World 

「プロデュースは当時勢いがあったBuck Wild。歌詞の内容はよくわかりませんが、熱くなるものを感じます。大好きです」

16.Common Sense/I Used To Love H.E.R

「“彼女(her)”と“ヒップホップ”をかけたダブルミーニングのタイトル。これを聴いたMack10が怒って『Beef』が始まることでも有名」

17.Mic Geronimo/Shit Is Real 

「いわゆる大ネタ使い曲ですが、大好きです。当時ジャケでMic Geronimoが〈Bear〉か〈First Down〉のダウンを着ていて、これはヤバイと思い、血眼で探した記憶があります。当時は『ネバーランド』か『エトフ』くらいしか売っていなかったので買うのも大変でした」

18.Smif-N-Wessun/Bucktown

「恐らくSMIF-N-WESSUNの曲の中でも代表的な曲じゃないかと。それゆえに今聴いても気分がアガりますね」

19.The Notorious B.I.G./Everyday Struggle

「恐らく当時アルバムのみで、シングルカットされていませんでした。ビギー好きにとってはあまり馴染みのない曲だと思いますが、個人的には好きです」

20.Craig Mack/When God Comes

「当時はそんなに良いと思わなかったですが、後になってジワジワきますね。当時のBadBoy(レーベル)は勢いがありました」




MORE FOR YOU

あのお店のプレイリスト|ADAM ET ROPE’渋谷PARCO店 vol.3「梅雨という季節を楽しもう」
実はかっこいい「短パン×長袖」。アパレルのプロの着こなしは? |#03 BAMBOO SHOOTS
【#7】梅雨のファッションどうしてる? │HUNKY DORY 塚本康博
【#6】梅雨のファッションどうしてる? │ANCHOR 太田祐介
デカい服の魔境。唯一無二のヘビーウェイトTシャツ、ストリートな半袖シャツetc.|夏の大三“カッケー”発見 #03
【#5】梅雨のファッションどうしてる? │Euphonica 井本征志

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選