FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.8「夕焼けビーチパーティ」

“TOKYO STRONG STYLE”をテーマに、タフで男らしく都会的なアイテムをセレクトする『Lampa(高円寺)』のオーナー・遠山さんが、その時々の気分に応じてプレイリストを公開。vol.8は「夕焼けビーチパーティー」。


遠山勇(高円寺Lampaオーナー)

「もうすぐ夏ということで、願望を込めてビーチパーティーで聞きたいリストを作ってみました。時間は、夕方の太陽が沈む少し前くらい」



1.Azymuth/Morning

「まずは、ブラジルのグループによる心地よく乗れる一曲。これからパーティーを始めましょう」

2.DJ Patife/Sambassim

「同じくブラジルから。個人的に、ドラムンベースアーティストのDJ MarkyとDJ Patifeが作った曲には好きなものが多いです」

3.Shakatak/Brazilian Love Affair

「GEORGE DUKEの名曲『BRAZILIAN LOVE AFFAIR』をブラジリアン・ハウスでカバー。オリジナルとはまた違って、爽やかで清々しい」

4.Blaze/Elevation

「個人的に夏の夕方にピッタリ。透明感のあるブラジリアン・ハウス」

5.Mondo Grosso/Life

「大沢伸一のソロ・プロジェクトによる一曲。一昔前にも人気がありましたが、今聴いてもアガります」

6.Claudio Coccoluto/Belo Horizoni

「やはりベリーニじゃなくてこっちですよね。サンバ・ハウスの代表格です。ちなみに、日本のSSW嘉門達夫氏も同ネタで曲を作ってます」

7.The Workd Famous Martinez Orchestra/Rushlight

「ぜひとも音響の良い場所で聴いていただきたい。脳ミソから揺さぶられること間違いなし!」

8.Awa Band/Timba

「パーティも中腹にさしかかり、体が少し火照ったところにこの曲を注入。テンションをキープしながらもクールダウンしてくれる、夏の夕焼けビーチ感溢れる一曲です」

9.Nick Holder/Summer Daze

「このリストからハズせない、夕焼けビーチパーティーのアンセムソングです。Pat methenyのSlip Awayもあわせてどうぞ」

10.Ananda Project/Cascades of Colour      

「アンセムソング、パート2。少し焼けた肌に心地よい風を受け、海に沈む夕日を見ながら聴きたい」

11.久保田利伸/Corcovado

「Antonio Carlos Jobimのオリジナルももちろん良いのですが、やっぱりこの方のカバーも最高。このアルバムではその他のアーティストもカバーしているのでぜひどうぞ」

12.Yuki/Joy(Eric Kupper Mix)

「今回のテーマから若干ズレますが、ちょっとした番外編ということで。というのも少し前にお客様との会話で思い出した曲でして、これがまた最高なんです。これくらいのメジャー感のあるハウスは個人的にツボ」




MORE FOR YOU

#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜前編〜
メガネのプロが愛用する「サングラス」を調査!│PROPS 今井太輔
「“いろんな意味”で履きやすい」ZABOU 大井さんがVANSのオーセンティックを偏愛する理由。
結局サンダルって、何履いてる?#03 GOODLOSER 古口悠さん

RANKING

  1. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
  5. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。