FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.9「UKアンダーグラウンドダンスミュージック」

“TOKYO STRONG STYLE”をテーマに、タフで男らしく都会的なアイテムをセレクトする『Lampa(高円寺)』のオーナー・遠山さんが、その時々の気分に応じてプレイリストを公開。vol.9は「UKアンダーグラウンドダンスミュージック」。


遠山勇(高円寺Lampaオーナー)

「前回は『夕焼けビーチパーティ』をテーマに、夕方頃に踊れるプレイリストを作成しましたが、あれから3ヶ月、今回はUKアンダーグラウンドミュージックがテーマです。ちょっとテンション高めの秋の夜長にいかがでしょう。キーワードは2step、UKファンキー、Night Slugs…などなど。」



1.DJ FUMIYA/Here We Go feat Mc Dynamite

「RIP SLYMEのDJ FUMIYAと、UKのDynamite MCによる一曲。結構前の曲ですが、今聴いても良いですね。比較的FUMIYAさんはUKのアンダーグラウンドを理解し、そのエッセンスを早い段階から曲に取り入れていておもしろいです」

2.OMAR&Zed Bias/Dancing

「UKアンダーグラウンドの重鎮のZed Biasと、アシッドジャズのイメージが強いOMARとの共作。何とも言えないノリの良い曲」

3.Scratcha DVA,Lady Lykez/Muhammad Ali

「UkのビートメイカーであるScratcha DVAと、Lady Lukezとの一曲。レーベル名が『Hyper Dub』ということは、この曲もダブステップに属することになるのかな? この手の音楽は定義が難しいですね」

4.Nina Lasvegas/Impossible(Roska Remix

「Nina Lasvegasの曲をUKファンキーの代表的アーティストであるRoskaがリミックス。ハウスなんだけどハウスじゃない、UKファンキーハウスというジャンルです。Roskaは日本のアーティストととも組んだりしているので、ひょっとしたら知ってる人がいるかも」

5.Jammin/Distraction 

「DJ ZINCの変名プロジェクト、Jammin。これも昔の曲ですが、疾走感溢れるブレイクビーツはすごく刺激的でしたね」

6.Girl Unit,Kelela/WYWD(Remix)

「Night SlugsのプロデューサーことPhilip Gambleによる一曲。スムースながらもノリが良く、すごく好きです」


7.Architechs,Nay Nay/Body Groove(Mix Mc Version)

「これも結構昔。2Stepの中ではわりと有名な曲だと思います。2Step初期特有のスカスカした感じが懐かしい気分にさせてくれます」

8.M-flo/Come Again

「日本の2Stepの曲では最高峰にあると個人的には思っています。トラック、ボーカル、ラップすべてが良く、適度にPOP。DJのTakuさんも2StepやDrum&BassなどのUKミュージックをかなり早い段階で取り入れていました」

9.Bird/マーメイド3000

「大沢伸一プロデュースによるBirdの2Step。基本的に大沢さんがつくる曲は好き。MONDO GROSSOのイメージがある大沢さんがこういう曲を作ったことに、当時驚いた覚えがあります。西麻布Yellowでのイベント(Fearless House)の時も、それまでとは趣向の違うDJプレイをしていたな〜」

10.The Streets/Has It Come To This?  

「スムースなトラックにThe Streetsのラップが心地よい2Step。アシッドジャズのキーパーソン、Gilles Petersonも当時プレイしていた記憶があります」




MORE FOR YOU

“いいニット”は何が違う? ニット好き店主によるとっておきのニット案内。
今年のアウターどこで買う?│vol.5 VA-VA CLOTHING&VARIETY #いいお店の日
今年のアウターどこで買う?│vol.4 JOURNAL STANDARD渋谷スクランブルスクエア店 #いいお店の日
今年のアウターどこで買う?│vol.3 ADONUST MUSEUM #いいお店の日
あのお店のプレイリスト|co:do vol.2「PKキアイβ」
今年のアウターどこで買う?│vol.2 ANCHOR(渋谷) #いいお店の日

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで