FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【2020ベストバイ】ショップスタッフが買ってよかったモノ

編集部のベストバイだけで年末は締まらない!ということで、2020年にFACY MENでお世話になったショップスタッフたちに、今年買ってよかったモノと個人的ニュースを聞いてみました。 総勢15名のショップスタッフによる「2020ベストバイ」をどうぞ!


Shopstaff01_
ACACIAS RECORDS / ディレクター

架空のレコードショップをコンセプトに掲げる、ステファニー・モロー主宰のブランド〈ACACIAS RECORDS〉のディレクター。履けない、買えないネタ系のスニーカーには興味がないスニーカー好き。

ACACIAS RECORDSのBBキャップ

コーデュロイ素材のシンプルな6パネルのベースボールキャップです。自分流の扱い方で正解かどうかはわかりませんが、とりあえず自分は新品の状態から一緒にお風呂にイン。暖かいお湯で暖をとってタオルで水分をおおまかにとると、全体的にふにゃふにゃになりますが気にせずそのまま室内に干し放置します。そうすると程よくクタり馴染みます。

【2020年の個人的ニュース】
お客さんのリクエストでイベント中にチャゲアスをかけてたら、YAH YAH YAHでリクエストしていただいたお客さんを筆頭に昭和生まれが大合唱、平成生まれがドン引き、令和生まれがギャン泣きってのが今年のハイライトです。

Shopstaff02_
三浦 健司(EDIFICE 新宿店)

オリジナルからセレクトまで豊富に揃う『EDIFICE (新宿店)』のスタッフ。BAY☆FA GOLDの肩書は懇切丁寧な接客をするショップスタッフの証。自身お気に入りの“新宿ご飯”のお店をアーカイブしたインスタのストーリーズハイライトも必見。(@miutake___)。

Hender Schemeのパイソンジップウォレット

今年の頭に新調しました。以前はクロムハーツのWAVE WALLETを8年位使っていたのですが、時代柄コンパクトな財布をずっと探していて、行き着いたのがこれでした。手持ちしていてもパイソンがポイントになりますし、馴染んでからの経年変化も楽しみです!余談ですが、共地でベルトも買いました(笑)

【2020年の個人的ニュース】
自社のインスタライブやYouTube、ECサイトのライブコマースなどに参加した事ですかね。やはりコロナという出来事が大きくて、その前後で仕事的に一番変わった点です。実際店頭に来店できない期間が長く、皆様の買い物スタイルにも変化があったかと思います。店舗での表現やECサイトの在り方など、とても考えさせられました。特に業界的に時代にアジャストしていかないと生き残れないと思うので、日々精進してまいります!!

Shopstaff03_
太田祐介(ANCHOR)

スケートやモーターサイクルなどを背景に、ポップでユニークなグラフィックが配されたアイテムを展開する〈ROTAR〉。その直営店として渋谷にお店を構える『ANCHOR』のWEB企画担当。スケートが趣味。

ガンプラ

ショッププレイリスト「Vol2. LIFE THROUGH MOVIE」でも少し触れていましたが、ガンダムにドハマり中で、遅ればせながらガンプラも始めてみました。
今までガンプラには全く縁がありませんでしたが、コロナ禍でステイホームが推奨されたタイミングで「時間があるから」と軽い気持ちで初めてみたものの、1体また1体と着実に増えてしまい、終いには時間が足りなくなっています (笑)。新たな楽しみを見つけた、という意味で僕のベストバイです。

【2020年の個人的ニュース】
2020年は僕にとって野球の年になりました。今年の初め、人手が足りないという理由で少年野球のコーチに誘っていただきましたが、何を隠そう僕は野球経験がほとんどありません。教える以前の問題だったので、兎にも角にも野球の理解を深めようと僕自身が練習に参加したり、動画や書物で吸収したものを選手に教える週末を送っていて、すっかり野球民と化しています。そして来年は主審デビューの可能性が浮上していて、来る2021年も野球沼が確定しています(笑)。

Shopstaff04_
塚本康博HUNKY DORY OSAKA

大阪・南堀江にあるセレクトショップ「HUNKY DORY」大阪店の店長。今年で42歳、スニーカーは“キレイに履く”派。

ハーバード大学のカレッジスウェット

Champion MADE IN USAのリバースウィーブスウェットです。昨年頃から個人的にカレッジスウェットの気分。巷ではYALE大学が人気ですが、あえてライバル校のHARVARDを購入しました(笑)。12.5オンスの厚手生地やUSA製ってのはもちろんですが、一番はやっぱりHARVARD大学を象徴するマルーンカラーです。今の時期ならインナーにも丁度良いので出番も多く、ブラックジーンズやスラックス等を合わせて、コテコテにならない様にコーディネートを楽しんでいます。

【2020年の個人的ニュース】
2020年は後厄でしたが、幸いな事に特別な出来事が無かったので、個人的というかやっぱりコロナウイルスです。リモートワークやおうち時間といった自宅での生活が増えた分、生活自体を見直す良い機会なのかな?と前向きに考えるようにしています。実際、着なくなった服の断捨離や生活用品の買い替え、本当に必要なモノと要らないモノをしっかり区別できましたし、以前にも増して自宅が好きになりました。料理の腕も上がりましたしね(笑)。

Shopstaff05_
神原 啓助Adam et Rope’ 渋谷パルコ店)

アダム エ ロペ渋谷パルコ店に立って、今年で2年目。以前は、神職と装束司を務めていたという、アパレル業界でも珍しい経歴を持つ。モットーは言葉を大切にすること。

AETHERの香水

私は香水が好きで様々な物を試したのですが、行き着いたのがコイツです。素材に使用されているのはメジャーなものばかりなんです。なのに新しく、使いやすく、他にはない良い香り。どの世界であっても一流と呼ばれる方々は、素材や道具に左右されない根本の強さを持っていると感じさせられるアイテム。唆られますよね。私も周りの環境がいかに変われど、私の個の強さは保てる様になりたいと感じた一年でした。

【2020年の個人的ニュース】
ネット配信ツール(YouTubeなど)でのゲーム配信にどハマり。Vtuberなどの新しい”日本が世界に誇るカルチャー”にこれからの面白さを感じました。そこで友人と共にサウンドチームを作り、ストリーマーの配信時に流れるBGMやOPムービーの挿入音楽の作成を個人的にスタートしました。コロナ情勢もあったからこそ始まった私の変化でありニュースかと。


Shopstaff06_
今井太輔(PROPS)

中目黒に店を構えるメガネのセレクトショップ PROPSの店主。「メガネで大事なのはサイズ感」という名言でお馴染み、アイウェア選びで困ったときに頼れるお兄さん的存在。

JULIUS TART OPTICALのメガネ

2019年は少し丸みのある黒ブチフレームを購入したので、今年は「黒以外で存在感強いモノを」というテーマで選んだのがこのモデルです。間違いなくインパクトのあるモデルで、さらっと出掛けたいときなんかは、キャップと合わせるだけで何となく良い雰囲気になっているかなと。このフレームカラーの「Amber」もヴィンテージっぽくて他ブランドではあまり見ないカラーで気に入ってるし、この大きいサイズ「48□24」も今の気分です。

【2020年の個人的ニュース】
一昨年あたりから健康のために週に2,3回ジョギングをしているのですが、今年初めて妻に「痩せたね」と言われたことです!継続は力なり。

Shopstaff07_
芹澤伸介WEEKENDER SHOP)

飽きがこないベーシックなアイテムが揃う『WEEKENDER SHOP』の店主。蔵前一の甘党を自負している。

Graphpaper×LOOPWHEELERのハーフジップパーカー

もともと〈ループウィラー〉の吊編み機を使用した上質なスウェットパーカーが欲しかったのですが、どちらかというとシルエットは細身。ということで、ゆったりめシルエットを探していたところ見つけたのが〈グラフペーパー〉とのコラボ物です。適度に柔らかく(柔らかすぎないのがポイント)、期待通りの上質な素材感が気に入っています。また、ファスナーや袖口のブランドタグに入ったオレンジなど配色も大変魅力的です。

【2020年の個人的ニュース】
やはりコロナが印象的な年となりましたね。それと同時に、お客様の大切さを感じた一年でした。コロナの影響でお店がどうなるか分からない中、笑顔で顔を出してくれるお客様や普段と変わらずお買い物してくれるお客様が多く、気持ちが温かくなりました。お客様あってのWEEKENDER SHOPであることを改めて感じた一年でした。

Shopstaff08_
遠山勇(Lampa)

“TOKYO STRONG STYLE”をテーマに、タフで男らしく都会的なアイテムをセレクトする『Lampa(高円寺)』のオーナー。青春時代に自身に多大な影響を与えたヒップ・ホップを今でも愛する。

UK GEARのスニーカー

軽く快適な履き心地はかなり衝撃的でお客様からの反応も凄く良いです。ルックス的にも今まで厚底は履いた事がなかったですが、すんなり自分の中で消化でき、履き心地ともにルックスも楽しんでおります。

【2020年の個人的ニュース】
知ってる方もいるかと思いますが、自分はスマホに興味がなくず〜っとガラケーでした。が、3G終了に伴い11月にスマホにチェンジしました! 早く変えておけばよかった…。

Shopstaff09_
井本征志(Euphonica)

国内外から上質なアイテムをセレクトする“町の洋品店”、『Euphonica(仲町台)』のオーナー。今年提供してくれた「素晴らしきインドネシアンポップスの世界」は必聴。

K.Yairiのパーラーギター

K.Yairiのパーラーギター、ノクターン。店で暇な時間にポロポロ弾いてます。あとは月並みですけど『あつまれ どうぶつの森』ですかね。

【2020年の個人的ニュース】
『あつ森』で遊んでたら、それがなぜか繊研新聞(2020/6/11付)の一面の記事になってしまったこと。

Shopstaff10_
加藤宏輔(LILY)

閑静な住宅街に位置しながら、セレクトするアパレルや什器から映画や音楽などのカルチャー臭が香ってくる『LILY(代々木上原)』のオーナー。オールドな映画を得意とする。

dahl’ia × LILYのロンT

今回、初めて過去のアーカイブを元に1から作成していただいたエクスクルーシブなアイテムです。センスが抜群なデザイナーは気さくで飾らない性格が自分の憧れるカッコいい大人像。そんな人達が作っている背景が見える魅力的なブランドの1つです。dahl’iaとスペシャルなアイテムが作れたことがとても嬉しく想いの詰まった一点です。

【2020年の個人的ニュース】
書家で現代アーティストの柿沼康二さんと一緒にTシャツを作成した事です。以前から仲良くさせてもらっていたのですが、今年は特によく会って会話の中から自然と発生して生まれた企画でした。LILYでできたコミニュティで生まれたプロジェクトは今だから必要で大切な何かが形になったと思っています。後で振り返っても感慨深い出来事になると思います。


Shopstaff11_
松上侑馬(Sus4Cus

ひとくせあるリアルなカジュアルスタイルを提案する『sus4cus.(大阪)』のショップマネージャー。近所のお気に入りのカフェは「cafe EZE」。

yorozu×KUONのがま口ウォレット

そもそも、財布をあまり持ちたくないのですが、いくらキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、持たないという訳にはいきません。そこで、アクセサリーとしてデザイン性が高い物を選択すればよいのでは?と思い、行きついたのがこちら。小銭、お札、カードが最低限入り、モノとしてもオシャレに見えるこのバランスがとても気に入りました。190cmある長めのコードは持ち方によってネックレスにしたり、ショルダーにしたり、巾着のように持ったりと細かく調整できるのも嬉しいポイントです。

【2020年の個人的ニュース】
店舗の移転が決まったことです(2021年3月頃)。次の店舗の事はまだ未確定事項が多いのですが、かなり和の要素が強いお店になる予定です。今回ベストバイに選んだアイテムも和テイスト。新店舗のイメージにも近いですね。

Shopstaff12_
鵜飼英隆(VELISTA)

YAECA、AURALEEなどを扱う『VELISTA(大阪)』のディレクター。自分でも買おうと思っていたAURALEEのダウンが完売してしまったため、今季はアウター難民だそう。

Nahyatのニット

ナヤットのニットは私とナヤットのデザイナーが共同で制作したものです。ナヤットは卸をしていないブランド。VELISTAでの取り扱いではなく、私が個人で販売しています。現在、少量のみVELISTAでも取り扱いはしていますが、原則として店頭には出さず、私のインスタアカウントにDM頂いてから直接販売する形態を取っています。ただ、お客様からのご要望があったので、12月に少量のみ店頭やオンラインにも展開するかもしれません。

【2020年の個人的ニュース】
新しくサロン事業(ヘア、エステ、リラクゼーション)をローンチしたことです。サロン事業は2年前から動き出していた事業で、実店舗を構えた形態は取っていません。レディースやキッズも対応します。うちと専属契約しているヘアスタイリストとタッグを組み、お客様のファッション的趣向を踏まえ、そのスタイルに適したヘアデザインを提案します。トータルでコーディネートするサービスになります。


Shopstaff13_
古口悠(GOOD LOSER)

“トラッド崩しのリアルクローズ”を掲げる〈Milok〉のデザイナーであり、業界人からの支持も厚いお店『GOOD LOSER(渋谷)』の代表。J-POPをこよなく愛する。

iPhone 12 Pro

iPhone 10から乗り換えました。みなさんもそうかと思いますが、ご存知の通り、朝から晩まで寄り添ってくれる最高のパートナーです(嫁と子供の次に)。特に驚いたのは、ちょっとした旅行なら一眼カメラを持ち歩かなくてもよくなったこと。機能の進化は素晴らしいですね。

【2020年の個人的ニュース】
オーディションの段階からえこひいきしていたまゆかちゃんが「NiziU」に加入できたこと。今となっては僕だけでなく妻もファンクラブにも入るほどハマっています。が、ファンクラブ限定のまゆかちゃんグッズが未だに当たりません。当たった方はぜひGOOD LOSERまでご連絡を。

Shopstaff14_
貞方竜二(Synapse)

「Children of the Discordance」など国内の新進ブランドをジャンルレスに展開する『Synapase(愛知)』のウェブショップチーフ。かっちり決めるよりも、ラフな着こなしが好き。

Children of the Discordanceのトレンチコート

今年が自分にとって節目の年ということでこのコートを買いました。トレンチコート=大人の服で綺麗に着こなすアイテムというのがパブリックイメージかと思います。でも、このアイテムは表情の異なるビンテージ生地をつなぎ合わせることで、ストリートなエッセンスを落とし込んでいる。普段カジュアルな着こなしの私にマッチするお気に入りの一着です。これから10年、20年と経年変化を楽しみながら付き合っていきたい逸品です。

【2020年の個人的ニュース】
夏ごろから自分の中で空前のスパイスカレーブームが到来し、食べ歩きをしていることです。数年前までは自分の住んでいる名古屋にスパイスカレーのお店はあまりなかったんです。ただ最近はコーヒーショップが作るコーヒー入りのカレーや出汁をベースに使ったカレーなど、それぞれの色が反映されたお店が多く、そのバリエーションの広さに衝撃を受けました。

Shopstaff15_
大島 隆(ORANGE COUNTY)

大人の休日を彩るリラックスカジュアルスタイルを提案する『ORANGE COUNTY 熊本並木坂店』の店主。趣味はアウトドア全般。休日はサーフィンやデイキャンプを楽しんでいる。

SIERRA DESIGNSのダウンジャケット

50年以上続く老舗アウトドアブランドの定番ダウンです。首の襟から裾までしっかりとロフト感のある650パワーフィルの上質なダウンが封入されているので、とにかく軽くて暖かい。日常のお出かけ着からキャンプまで幅広く活躍してくれています。

【2020年の個人的ニュース】
大型連休で帰省の際にいつも寄って下さるたくさんのお客様がコロナで帰ってこれず、代わりにたくさん通販のご注文を頂いたこと。めちゃめちゃ嬉しかったですね。

MORE FOR YOU

お店のプレイリスト|仲町台Euphonica vol.4「素晴らしきインドネシアンポップスの世界2」
いま売れているアイウェアは?注目は太めのボストンウェリントン! #メガネ編
ノースフェイス再考。古着のプロがハーフドームロゴに改めて熱視線を注ぐ理由とは。
お店のプレイリスト|渋谷ANCHOR vol.4「心落ち着くカントリーミュージック 」
あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.5「西新宿Deep」
【Best Kicks】自慢のスニーカー教えてください! #2 GOODLOSER 古口悠

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド