FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

#05 BLOHMの『POWDER SOCKS』|勝手にソックス名鑑

長らく続くスニーカーブームのせいか、コーディネートの足元に視線が集まりやすい昨今。シューズに比べて、意外と見落とされがちなのがソックスです。とはいえ、いざソックス売り場で困るのは、実際に履いた時のイメージが湧きづらいこと。

そこで本企画『勝手にソックス名鑑』では、編集部が目を付けた各ブランドのソックスを実際に試着し、その魅力を粛々と勝手にレビューしていきます。第5回は、〈ブローム(BLOHM)〉の『POWDER SOCKS』。



#05 BLOHMの『POWDER SOCKS』

【プロフィール】
商品名:POWDER SOCKS
色:BROWN
素材:コットン55%/アクリル20%/ポリエステル/15%/ポリウレタン10%
サイズ展開:FREE
生産国:日本
価格:¥2,750(税込)
購入店舗:LINKS


“SHADE OF TOKYO”を標榜し、日本のファッションシーンのみならず、編集者・アーティストのアヴィ・ゴールドが手掛けるトロント『BETTER GIFT SHOP』で取り扱われるなど海外にも名を馳せる〈ブローム〉。同ブランドといえばストリートで人気のローファーが代名詞的アイテムですが、同じく足元を飾るパーツとして展開するのがソックスです。

中でも杢の生地をベースする「POWDER SOCKS」は、一見シンプルなラインソックス、なんだけど絶妙な色味と配色によってさりげなくファッションへのアプローチを取っているのがポイント。

socks-meikan-10
socks-meikan-11
socks-meikan-9
previous arrow
next arrow
socks-meikan-10
socks-meikan-11
socks-meikan-9
previous arrow
next arrow
 


メイドインジャパンにこだわって作られるローファー同様、作りも至って良好。生地にはやや厚みのあるもっちりとしたものを使用。ソックス裏は底面だけでなく上面も(さらに足首まで)パイル地となっており、足全体がソックスにふんわりやさしく包み込まれる感覚が得られます。

見た目にも特徴的なのが、フィット感を高める履き口部分が比較的狭い点。これによりライン部分を強調すると共に裏パイル地をなが〜く(広く)楽しめるというわけですね。

とはいえ、真骨頂はやはりデザイン性。もちろん物としての良さは前提にありますが、色違いで揃えたくなります。今季(21AW)はモヘヤソックスなるものが展開されているよう。季節の変わり目にチェックしておきたいブランドです。

MORE FOR YOU

【秋のアメカジ最前線】SUN HOUSE神南店・佐々木修平さん 「旬のアメカジはサイズ感とブランド選びにこだわる!」
【6月】給料日の買い物メモ
【22SS 個店的トレンド】ヒップホップなデニムセットアップ(Lampa遠山勇さん)
【22SS 個店的トレンド】80〜90年代のオルタナティブ・ロックバンド(LILY 加藤宏輔さん)
組み合わせは25通り! プロは〈ニューバランス〉のセットアップ「MET24」をどう選ぶ?
#11 manewoldのデザートソックス|勝手にソックス名鑑

RANKING

  1. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド