FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

#09 NISHIGUCHI KUTSUSHITAのウールソックス|勝手にソックス名鑑

長らく続くスニーカーブームのせいか、コーディネートの足元に視線が集まりやすい昨今。そんな中、シューズに比べて意外と見落とされがちなのがソックス選びです。そこで本企画『勝手にソックス名鑑』では、編集部が目を付けた各ブランドのソックスを実際に購入し、その魅力を粛々とレビューしていきます。第9回目は、〈ニシグチクツシタ(NISHIGUCHI KUTSUSHITA)〉のウールリブソックスです。


#09 NISHIGUCHI KUTSUSHITAのウールリブソックス

【プロフィール】
商品名:WOOL RIB SOCKS
色:バーミリオン(2021年限定カラー)
素材:94% ウール / 6% ナイロン
サイズ展開:S(23cm-25cm) / M(25cm-27cm)/ L(27.5cm-30cm)
生産国:日本
価格:¥1,870(税込)
購入店舗:HUNKY DORY NAGOYA

〈ニシグチクツシタ〉は日本有数の靴下の生産地として知られる奈良県発のファクトリーブランドです。ブランドのコンセプトは「はくひとおもい」。リーズナブルな値段をキープしながら、素材やデザイン、編み方にこだわった靴下を数多く揃えています。

今回紹介するのは、2種類のウールをブレンドしたリブ編みのウールソックス。軽いタッチながら、ウールの温かさをしっかり体感できる一足です。ちなみに画像のバーミリオン(朱色)は2021年限定のシーズンカラー。

nishiguchi-2
nishiguchi-3
nishiguchi-4
previous arrow
next arrow
nishiguchi-2
nishiguchi-3
nishiguchi-4
previous arrow
next arrow
 

冬場の足元を支える存在として欠かせないウール素材のソックス。〈ニシグチクツシタ〉のウールリブソックスはやや厚手の生地ながら、一般的なウールソックス特有のボリューム感があまりないのがポイントです。ほっこりし過ぎず、かと言ってドレッシー過ぎずのバランスが絶妙。

一点補足するとすれば、数回の着用で少し毛羽立ちが出てくるので、かしこまったスーツ類に合わせるのはおすすめできません。その反面、シャギーニットのような味のある風合いはデニムなどのカジュアルなパンツとはむしろ好相性。冬のコーディネートに気軽に取り入れやすいソックスです。

あいにく画像のバーミリオンカラーは品切れですが、グレーやネイビーなどのベーシックカラーはまだ在庫のご用意があるようですよ。

このソックスを詳しく見る

MORE FOR YOU

FACYからのお年玉!1月10日から10%オフ 更に友達紹介で最大5000円割引をゲット!
大人の上質さを高めたバブアー(BARBOUR)の限定モデル
初売りを制するラスカ(LASKA)モンスターヒットの理由とは
脱広告宣言!FACYに買いたいブランドやショップを紹介いただければ、5万円相当まで差し上げます。
「年末年始に家でごろごろしてる」を読んでる時に聞くボーナストラック【特別企画】
今の気分にフィットするチャンピオン(CHAMPION)のスウェット

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
  5. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)