FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

#04 NOAHの『ストライプチューブソックス』|勝手にソックス名鑑

長らく続くスニーカーブームのせいか、コーディネートの足元に視線が集まりやすい昨今。シューズに比べて、意外と見落とされがちなのがソックスです。とはいえ、いざソックス売り場で困るのは、実際に履いた時のイメージが湧きづらいこと。

そこで本企画『勝手にソックス名鑑』では、編集部が目を付けた各ブランドのソックスを実際に試着し、その魅力を粛々と勝手にレビューしていきます。第4回は、〈ノア(NOAH)〉の『ストライプチューブソックス』。



#04 NOAHの『ストライプチューブソックス』

【プロフィール】
商品名:Striped Tube Sock
色:WHITE
素材:コットン60%/ナイロン37%/ポリウレタン3%
サイズ展開:FREE
生産国:アメリカ
価格:¥3,850(税込)
購入店舗:NOAH CLUBHOUSE TOKYO


〈ノア〉は、ブレンドン・バベンジン(Brendon Babenzien)が立ち上げたニューヨーク発のブランド。自身の背景であるスケートやサーフィン、音楽などのカルチャーと、トラディショナルなメンズウエアを融合させたスタイルを提案しています。

毎シーズン、配色やパターンを変えながら継続的にリリースされるラインソックス。〈ノア〉のルックでもコーディネートのスパイス役として、よく使用される定番アイテムです。いかにもアメリカ製のソックスらしい、レトロな雰囲気が魅力の一足。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

太めのラインが一本入るのみの潔いデザインのラインソックス。裏のパイル地のループがしっかり立っているので、足を入れた際の肌当たりの良さは格別です。接地する底の部分のみ厚めに編んでいるディテールなど、デザイン以外の作りもかなり高水準。

レッグ部分のリブはほどよくきつめなので、ソックスがずり下がるのが気になる方には特におすすめです。唯一のネックは日常的に使うにはやや値が張ることくらいでしょうか。

MORE FOR YOU

2021年はどんな年だった? 各種記事をプレイバック!
あのお店のプレイリスト|co:do vol.3「Me against COVID-19」
【2021年】編集部が今年買ってよかったスニーカー
【2021年】今年セレクトして良かったモノ〜代々木上原LILY 加藤宏輔〜
【2021年】今年セレクトして良かったモノ〜高円寺Lampa 遠山勇〜
【2021年】今年セレクトして良かったモノ〜COUNTER TOKYO 上原匠〜

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 【1月】給料日の買い物メモ
  5. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選