FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

この冬の最強防寒コーディネート。アパレルのプロはどうしてる?

いやはや寒い。暦を調べてみると、1月後半から2月の節分にかけての時期は一年で一番寒い「大寒」と呼ばれる時期だそう。「おしゃれは我慢」なんてよく言われますが、やっぱり暖かいほうがいいに決まってます。

ということで、今回はカメラのシャッターを切る手も凍える寒空の下、各店ショップスタッフのリアルな防寒コーディネートをパパラッチしてきました!アパレルのプロの着こなしを参考にして、まだまだ続く冬の寒さを乗り切るべし。


白木凛太郎さん
(SELECT STORE SEPTIS)

カウチンセーター / CANADIAN SWEATER、マウンテンパーカー / SIERRA DESIGNS、 キルティングカーディガン/ FIDELITY、中に着たウールシャツ / TELLASON、パンツ / BARNSTORMER、シューズ / L.L.Bean、マフラー / Hanna Hats、ニットグローブ / WILLIAM BRUNTON

―見るからに暖かそうなコーディネートですね。今回の着こなしのポイントを教えてください。

冬っぽさ満点のカウチンを主役にしたくて、そこから逆算して組んでみました。体感としての暖かさだけでなく、見た目や気持ちの部分での暖かさってあると思うんです。「なんか冬っぽくていい」みたいな感じ。着ている自分の気分も上がりますし。

― 結構重ね着されていますが、動きにくくはないですか?

ちょっとやり過ぎたかなという感は正直あります(笑)でも、動きづらいということはないですね。通勤に自転車を使うことが多いのですが、トップスの着丈も長くないし、これでも全然いけますね。

ハイテクな機能素材より、ウールなどのローテクな天然素材のほうが好みと語る白木さん。〈シエラデザインズ〉のマウンテンパーカーの上にカウチンニットを羽織るユニークなレイヤードを披露してくれた。

一番下に着たサーマルの上に重ねたのは、ウールのシャツと薄手のキルティングカーディガン。肌に近い部分の熱を閉じ込めるイメージで選んだそう。

―一方、下半身の暖かさはどうですか?

チノパンだと味気ないので、コーデュロイのパンツを選んで季節感を出しました。足元のビーンブーツは風を通さずに、熱を閉じ込めてくれます。ちなみにソックスも〈エルエルビーン〉のウールソックスなので完全防備ですね。

―しかもブーツはパンツインされているんですね。

自転車に乗るので、裾を入れるほうがむしろ自然なんです。ビーンブーツに関しては見た目もかっこいいので、こうやって全部見せるのはファッション的にもアリですね。

SELECT STORE SEPTIS
住所: 東京都世田谷区三軒茶屋1-41-13
TEL: 03-5481-8651
営業時間: 15:00-19:00(土日祝は12:00 – 19:00)
定休日:毎週水曜日・第三火曜日

大井 勇人さん
(ZABOU TOKYO)

コート / NECESSARY or UNNECESSARY、ダウンベスト / Crescent Down Works、 ニット / Harley of Scotland、中に着たサーマル / Champion、パンツ / RESOLUTE、シューズ / Blundstone、マフラー / Johnstons、ニットキャップ / SUBLiME

―今日のコーディネートのポイントは?

クレセントのダウンベストの上にコートを羽織ったところです。コートにはキルティングの裏地も付いていますし、ニットも着ているので、それだけで暖かいのですが、万全を期してダウンベストをその間に着てみました。

―ボリュームがあるダウンベストですが、着膨れして見えないですね。

前面の裾の形がジレのようになっているので、中間着としても取り入れやすいんです。同ブランドだと、他にイタリアンベストというモデルもありますが、こちらはよりインナーダウン的な立ち位置。サイズ感もコンパクトなので、アウターを羽織った時もスタイリッシュです。

最近は営業中も店内の換気をしているため、ダウンベストは屋内でも重宝しているそう。他には〈モンベル〉のインナーダウンなども愛用中。

―下に着たニットの色味もいいですね。

うちで定番のハーレーのシェットランドセーターです。チクチク感がないので、サーマルの上にもストレスなく着られます。

―大井さんの冬のインナーはサーマルが基本ですか?

インナーは大体サーマルですね。とりあえずサーマルを着てからどうしようか考えます。単純にヒートテックの見た目が好きじゃなくて…。もちろん暖かいことは知っています。僕も試してみたことはありますよ。でも、着心地や見た目の部分では、コットン100%のサーマルにはかなわないと思ってしまいます。僕がちょっと古い人間なのかもしれませんが(笑)

―そもそも大井さんって寒がりなんですか?

だいぶ寒がりですね。末端冷え性ですし(笑) 今の時期はホッカイロが必須です。今日は忘れてしまったのですが、お店の中でも常にポケットに入れておいて、こっそり手を暖めたりしています。裾上げの調整中などに冷たい手が触れてしまったりすると、お客さんもきっと不快でしょうからね。

―すごい。ホスピタリティとしてのホッカイロだったりするんですね。

まあ、いいように言うとそうなりますね(笑)

ZABOU TOKYO
住所: 東京都渋谷区神南1丁目5番2号 川村ビル 2F
TEL: 03-3461-7773
営業時間: 12:00–19:00

森田浩之さん
(ADAM ET ROPÉ 渋谷PARCO店)

ダウンジャケット / Yeti、ニット / LAURENCE J.SMITH、 中に着たロンT / WIND AND SEA、パンツ / SUNSEA、シューズ / SOLOVAIR(ADAM ET ROPÉ別注)、グローブ / Supreme × THE NORTH FACE

―今日のコーディネートのポイントを教えてください。

僕は冬のアウターは断然ダウン派なんです。重いアウターは嫌だし、自転車に乗る事も多いので、丈が長いアウターもあまり着ません。今日は中にロンTとニットを着ているので、あとはダウンを羽織れば十分。〈イエティ〉のダウンはボリュームこそ控えめですが、昼間だとやや暑いくらいです。

―他のスタッフさんは重ね着して寒さをしのぐスタイルでした。森田さんは少し違うようですね。

ごわつくのが嫌なので、重ね着はあまり好きじゃないんです(笑) 家から出る時にパッと羽織れて、どんなインナーを着ていても「これさえあれば完結する」といったようなアウターを選ぶことが多いですね。

黒メインのコーディネートのアクセントにしたのは、以前〈シュプリーム〉から発売されたノースフェイスコラボのペイズリー柄のグローブ。

最近はワイドパンツではなく、細身のパンツに気分が移りつつあるそう。冬に入ってからクローゼットから引っ張り出してきたのは、5、6年前にリリースされた〈サンシー〉のウールパンツ。

―冬場は下半身の寒さも気になります。森田さんは何か工夫されていますか?

今日はウールのパンツなので十分暖かいのですが、いつもの癖でヒートテックのスパッツを下に穿いています。僕にとっては冬の標準装備ですね。ちなみに、ソックスもヒートテック(笑)。冬場はいつもまとめ買いします。

―インナーはヒートテック派なんですね。ダウンを着る際のコーディネートで意識されているポイントはありますか?

ダウンはどうしてもアウトドアっぽく見えてしまうアイテムです。なので、その他はテイストを変えるようにしています。今日はインナーの上下ともにウールでまとめて、足元はスニーカーではなく、ブーツを。少しカチッと見えるポイントをどこかで作るのがおすすめですね。

ADAM ET ROPÉ 渋谷PARCO店
住所: 東京都渋谷区宇田川町15-1 3F
TEL: 03-6712-7949
営業時間: 11:00-20:00 ※通常11:00-21:00

MORE FOR YOU

【みんなのシン・デニム#02】リーバイス501XXCのデッドストックで源流を辿る
初めて買ったアートフォト。作品に合う額縁を自由が丘・祝日堂でフルオーダー!
【みんなのシン・デニム#01】値段も太さもすべてがちょうどいい、プリズンブルースのペインターデニム
あのお店のプレイリスト|仲町台Euphonica vol.7「夏の名残り」
#01 ウィグワムのクルーソックス|勝手にソックス名鑑
【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ15枚〜後編〜

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで