FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

【お財布パパラッチ#03】なるべく現金、お札を折りたくない〜ソットの三つ折り財布〜

2019年以降、急速に広まりを見せるキャッシュレス決済。当初はコンビニのレジで「○イ○イ♪」と鳴らすことにアーリーアダプターとしての優越感を抱いたものですが、もはやそんなことはなく。いま気になることと言えば、「結局みんな、どんな財布使ってんの?」ってことではないでしょうか。昨年はキャッシュレス化に伴い「ミニ財布バンザーイ!」なんて声が聞こえてきましたが、実際どうなんでしょう?

というわけで、いつもお世話になっているショップスタッフのお財布をパパラッチ! 愛用している財布はもちろん、生活が垣間見えるカード類も見せてもらいました! まぁこのご時世なので電話でのパパラッチとなりましたが、悪しからず。


今井太輔さん
アイウェアのセレクトショップ「PROPS(中目黒)」のオーナー。「メガネで大事なのはサイズ感」という名言でお馴染み。アイウェア選びで困ったときに頼れる兄貴的存在。



Telephone Paparazzi #03
ソットの三つ折り財布

SOT/プエブロレザーミドルウォレット

ー前回(#01#02)までは支払いはほぼ現金という面々が登場したわけですが、今井さんはどうでしょう? キャッシュレス、してます?

まだ出始めの時はキャンペーンに乗っかってやってましたけど、めっきり使わなくなりましたね。

ーおや。

口座からお金をチャージして使うのが面倒に感じたんですよね。だからそれ以来…。あ、でも妻の影響でここ一年ぐらいで使うようになったのが一つあります。

ーなんですか?

メルペイです。

ーお、第三回にして初めて電子マネー使いが現れましたね。

メルカリで売り上げたものをそのままスーパーなどの生活費に当てています。

ーなるほど。ある種の自給自足ですね。

そうですね(笑)。

ーでは、メルカリでも私物をハードに買っているんですか?

メルカリでは買わないですね。

ー古着が嫌とか?

いえ、自分が新品の商品を売っているのに中古で買うのはどうなのかなって思いまして。

ーあぁなるほど。

店舗を構えている古着屋とかはいいんですけどね。なんとなく同志を助けるっていうか。自分がお店をやり始めてからそういう考えに変わりましたね。

ーそれはすごくいい話ですね。

しかも、こういう仕事をしてるとお店側が取られる手数料がだいたいわかるので。だから個人店とかで買い物する時はなるべく現金で買うようにしていますね。

ーうわ〜なんてお優しい方なんですか。自分も見習わなきゃな…。ところで、今使っているのは〈ソット(SOT)〉ですね。お気に入りのポイントは?

ポケットに入るぐらいのサイズ感ですね。

ー第一回と第二回の方もそうでした。メンズはやはり手ぶら派が多いですね。

もちろんポケットに入る軽快さというのも理由としてあるんですけど、お札を折り畳んで入れたくないんですよ。

ーはい。

だって、めんどくさいじゃないですか。その折り畳んだお札をお店の人に渡すのもなんか嫌ですし。

ーはぁなるほど。自分がされて嫌なことは他人にもしないということですね。実直に実行しているあたりカッコいいの一言に尽きますね。

そう言っていただけるとありがたいですね(笑)。

ーなんだか、男の中の男を見たような気がします。

PROPS今井さんの精鋭カード(個人情報のあるものは除く)

「損した気分にならない。基本的に得しかない」と言う今井さんは、ポイントカードを作ることが多いそう。中でも使用頻度の高いのがオオゼキ。

「もう一人の会社の人間から『オオゼキはすぐポイント貯まるぞ』と聞いたので最近始めました(笑)。ちなみに右の列は一回きりですね…」と最後ポイントカードあるあるを披露してくれた。

MORE FOR YOU

いま売れているアイウェアは?注目は太めのボストンウェリントン! #メガネ編
ノースフェイス再考。古着のプロがハーフドームロゴに改めて熱視線を注ぐ理由とは。
お店のプレイリスト|渋谷ANCHOR vol.4「心落ち着くカントリーミュージック 」
あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.5「西新宿Deep」
【Best Kicks】自慢のスニーカー教えてください! #2 GOODLOSER 古口悠
【番外編】あのお店のプレイリスト|FACY編集部 溝口「冬→春」

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド