FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

WORK NOT WORK がイチオシする春のアウター『フードサテンカラーコート』

_DSC1973

徐々に気運の高まりを見せる春物アイテムへの期待。1週間の半分以上はまだ冬の寒さが占めていますが、時折見せる陽の暖かさが春アイテムへの需要を喚起します。STYLERのポストでも“春”というワードが飛び交っているのでそろそろ春本番といった感じでしょうか。

ということで春のアウター企画《セレクトショップがイチオシする春のアウター》。すぐにでも着ていきたい季節感たっぷりのオススメ春アウターの魅力を、各ショップの“らしさ”溢れるスタイリングで存分に発揮していただきました。今回は第五弾、「WORK NOT WORK URBAN RESEACH KITTE 丸の内店」です。ではご覧ください!

_DSC2001

_DSC2020

Coat – WORK NOT WORK – HOOD SOUTIEN COLLAR COAT ¥51,840 (tax inc.)

WORK NOT WORKがイチオシの春のアウターとしてチョイスしたのは、英国発祥ファッションレーベルWNWの『HOOD SOUTIEN COLLAR COAT(フードサテンカラーコート)』。コートのアクセントとなっている左胸には、昔の高級テーラードジャケットに見られるようなデザイン。

そして他にはない異彩な存在感を放っている生地は、特別な織り機で通常では打ちこむことができないほどに打ち込んだインディゴ染めのハイカウントキャンバス素材。着丈長めのAラインのシルエットを綺麗に保ってくれるとともに、独特の着心地でコートを着るという行為を楽しませてくれます。

_DSC2019

Shirt – WORK NOT WORK / STRIPE GRANDAD SHIRT ¥18,090 (tax inc.)
Hat – WORK NOT WORK × Saravah CASTRO COTTON BERET ¥7,020 (tax inc.)

インナーにはWNW毎シーズン定番でリリースしているグランダドシャツ。デザイン自体が比較的シンプルなコートなので、シャツのチョークストライプが程よいアクセントになっています。加えてフードのボリュームに合わせてベレー帽で全体を調節。

_DSC2010
PANTS –  SELVAGE DENIM TAPERED PT ¥19,440 (tax inc.)

ボリュームを出したトップスに対して、ややテーパードが掛かった細身のセルビッジデニムとコバの張ったレザーシューズでバランスをとった足元。コートと同様に、経年変化を楽しめそうなカットが男心をくすぐります。

各アイテムのボリュームをいかにコントロールするかが垣間見えた「WORK NOT WORK URBAN RESEARCH KITTE 丸の内店」のスタイリング。さらにコート・デニムともにインディゴがキーとなっているのもポイントです。経年変化にピンときた方はぜひ足を運んでみてくださいね。

WORK NOT WORK URBAN RESEARCH KITTE丸の内店
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー KITTE丸の内1F(Googlemap
TEL.03-6269-9170

Text.Shunsuke Mizoguchi

MORE FOR YOU

【22SS 個店的トレンド】ヒップホップなデニムセットアップ(Lampa遠山勇さん)
【22SS 個店的トレンド】80〜90年代のオルタナティブ・ロックバンド(LILY 加藤宏輔さん)
組み合わせは25通り! プロは〈ニューバランス〉のセットアップ「MET24」をどう選ぶ?
#11 manewoldのデザートソックス|勝手にソックス名鑑
本家の復刻ジーンズ『リーバイス ビンテージ クロージング(LVC)』の魅力って?
#10 NEEDLESのアーガイルソックス|勝手にソックス名鑑

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  2. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選
  3. 最強コスパ!ビッグヒットを記録している、無地T、無地ポケT入荷しました!
  4. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選
  5. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選