FACY 1タップで 出会える 話せる

FEATURE

実はかっこいい「短パン×長袖」。アパレルのプロの着こなしは? |#02 ZABOU OSAKA

短パン(=ショーツ)には長袖がイケてる?

いきなりですが、ショーツを穿くタイミングって、毎年少し迷いませんか?「梅雨が明けてからじゃないとおかしいかな…」的な。そんな中、街行くおしゃれな人はすでにショーツを上手に着こなして楽しんでいます。彼らが今の時期によくしているのが、ショーツにあえて長袖のトップスを合わせるスタイル。なんだか妙にかっこよく見えるんですよね。

ということで、この連載企画ではファッションのプロの「ショーツ×長袖」スタイルをチェックしていきます。第2回目はZABOU OSAKAの名物スタッフ、坂口冬馬さん。あいにく店舗にはお邪魔できなかったので、坂口さん自ら撮影してきていただいたセルフポートレートにてお届けします!



#02 ZABOU OSAKA(大阪)

ショーツ / MOCEAN、アウター / N.O.UN、カットソー / ロシア軍のデッドストック、ベルト / N.O.UN
※ZDAのシューズ 、KEE SPORTSのソックス 、MAX PITTIONのサングラスは坂口さん私物

そもそも坂口さんはショーツってよく穿きますか?

実は今までは好んで穿くアイテムではなかったんですよ。でもやっぱりお店で薦めるからには自分でも買って試さないとという思いもあり、〈モーシャン〉のバリアーショーツを今年買いました。結果、ロング丈のパンツを穿く機会が減ってしまうくらい気に入っています(笑)。

―そうだったんですね(笑)。ショーツに長袖を合わせるスタイリングはよくやりますか?

このショーツを買ってからは自分でもよくやっています。長袖を合わせることで、子供っぽく見えづらくなるし、選ぶアイテムによってはストリートっぽい雰囲気も演出できるスタイルですよね。僕と同じようにショーツを敬遠しがちな大人のお客さんにも、長袖を合わせるというのはひとつの提案になるのかなと思っています。

―今回はデニムジャケットをショーツに合わせていらっしゃいます。かっこいいスタイリングですが、さすがに暑くないですか…?

実はこれ、シャツ生地のジャケットなんです。コットンにリネンを混紡したリネンツイルという生地を使っています。サラッとした肌触りなので、意外と涼しいですよ。ただ、かなり好評ですでに売り切れてしまったんです…。

大阪発のデザイナーズブランド、N.O.UNのライトウェイトのデニムジャケット。インナーに合わせたのは、ミリタリーのボーダーカットソー。ロシア軍の隠れた名品だが、あいにくこちらも売り切れ。

―取材するのがひと足遅かったんですね…。気を取り直して、今回のコーディネートに〈モーシャン〉のショーツを選んだ理由を教えてください。

一点だけスポーティーなものを取り入れることで、全身のメリハリが付くかなと思いました。カーゴショーツっぽい雰囲気があるし、今回のトップスのようなクラシックな服にも意外と合わせやすいんです。スポーティーなだけでなく、ミリタリーな雰囲気もあるので、いろんなテイストのコーディネートに対応してくれる一本ですね。

―ナイロン生地ですが、確かに違和感はありません。機能面ではどんな特徴がある一本ですか?

生地に使っているデュポン社のサプレックスナイロンは綿っぽい風合いがありつつ、ナイロンのタフさと吸水速乾性もしっかりあります。あとはポケットがめっちゃ深いです!収納力もかなり充実していますね。ケータイ、財布、タバコに加えて細々した小物類も入るので、ちょっとしたミニバッグのような感覚で使えます。ただのイージーショーツとはひと味違いますよ。

〈パタゴニア〉や〈シエラデザインズ〉など、名だたるアウトドアブランドのOEM生産を手がけていた〈モーシャン〉。現在は米国の警官や消防士、救急隊用のユニフォームを生産している。バリアーショーツは動きやすさや耐久性だけでなく、高い収納力もポイント。前後で計8つのポケットを備える。

―服好きだけでなく、コアなアウトドア好きからの支持が高いのもうなづけます。坂口さんはソックスの合わせ方については、何かこだわりはありますか?

いわゆるスニーカーソックスは選ばないですね。個人的に、シューズからちょっとだけソックスが見える、あの感じが好きじゃなくて(笑)。きちんとソックスを履いている雰囲気が出せて、なおかつ野暮ったく見えないのは、今回くらいの丈かなと思います。僕は決して背が高いほうではないこともあり、これ以上丈が長いソックスも選びません。

―それでは最後に、長袖のトップスをショーツに合わせるスタイリングの魅力についても教えてください。

暑くなると、どうしても半袖を合わせがちですが、着こなしに変化を付けられるのが長袖を選ぶ楽しさですね。完全な長袖ではなく、九分袖のトップスでもいいし、今回のように袖をまくってアレンジしてみてもいい。ビッグサイズの半袖Tシャツに抵抗がある大人の方も、長袖のトップスならショーツに取り入れやすいと思いますよ!

「いかがでしょうかっ!?」

今回紹介した「ショーツ×長袖」

ショーツ:MOCEANのバリアーショーツ
トップス:N.O.UNのRITENOUR DENIM(現在は品切れ中)


ZABOU OSAKA
住所:大阪市中央区南船場4-14-3 第2飯沼ビル 2F
TEL:06-6251-9991
営業時間:12:00 – 19:00 (月~日)
instagram:zabouosaka13

MORE FOR YOU

あのお店のプレイリスト|高円寺Lampa vol.9「UKアンダーグラウンドダンスミュージック」
#03 L.L.Beanの『メリノウール・ラグ・ソックス』|勝手にソックス名鑑
〈ニードルズ〉のトラックパンツ入門|足元の正解を探せ。
【みんなのシン・デニム#04】楽なのにオシャレ。アダム エ ロペのデニムスラックス。
あのお店のプレイリスト|ADAM ET ROPE’渋谷PARCO店 vol.3「私的ルーティン」
今だからこそ観たい「スケートビデオ」。ANCHOR太田さんのオススメ6本

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 失敗しないメンズパーカー12選。ショップ店員おすすめブランドとお手本コーデ