FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

おしゃれなクールビズの必需品。上品に着られる「ポロシャツ」2着を厳選しました。

カジュアルすぎない上質なポロシャツ。暑い夏のビジネス着としたいです。(Ryotaro Ohkawaさん/男性)
Tシャツよりシャキッと、ドレスシャツよりはカジュアルに見せる。夏のビジネスウェアにおいて、そんな100点満点の働きをしてくれるポロシャツ。ただ、ポロシャツなら何でもいいわけではないのも事実。特に、スポーティな素材の“カジュアルすぎる”ものは、おじさん臭い印象を与えてしまうので、むしろ逆効果かもしれません。

というわけで今回は、プロがセレクトした、文句なしのポロシャツ2着をピックアップ。デキるビジネススタイルを実現させるべく、ご参考あれ。

1.妥協したくない大人に捧ぐ、極上のポロシャツ

comm.arch. – Knitted Polo In Moss Stitch「Blackout」 ¥21,600(税込)

名門ファッションスクール「セントラル・セント・マーチン」を首席で卒業した日本人デザイナーが手がける〈comm.arch.〉。日本の高い技術と、ニットならではの質感、そして洗練されたパターンメイキングで、絶大な人気を誇るブランドです。

こちらのポロシャツも、シンプルにして至高といえる、そんなブランドならではの仕上がり。素材はシルクのような光沢を持つインド綿の強撚糸が採用され、高密度できめ細やかなニット生地へと編み立られています。シルエットも、トレンドであるワイドシルエットに寄せすぎず、かといってタイト過ぎない、極めてタイムレスなもの。これなら身につける人を選びません。normal_98593943-1

2.思わずニヤリな、大人の変化球ポロシャツ

normal_98593943-1

Orgueil – ニットポロ Polo Shirt  OR-9039 ¥12,960(税込)

「街で愛されている、小さな仕立屋」をテーマに、ヨーロッパのヴィンテージウェアのような、暖かみのあるアイテムを手がける〈Orgueil〉。そのニットポロは、柔らかな肌触りを用いた、同ブランドらしい仕上がり。

首元にボタンがないのが特徴で、これは、Vネックに襟を付けた「スキッパー」という昔ながらのデザインを採用したもの。ポケットすら省いたミニマルな造りながら、適度に違和感を与えてくれる、遊び心のある一着です。

長野県は松本市のセレクトショップ『C.COUNTLY』が提案するのは、くすんだネイビーのパンツと合わせたコーディネート。この柔らかなベージュの色味は他にも、色落ちしたデニムや男らしいカーキとも相性抜群です。細身のパンツからワイドパンツ、ショーツまで幅広く対応してくれるできるのは、裾にさりげなくあしらわれたリブがあるからこそ。服好きならニヤリとしてしまうようなディテールが散りばめられているんです。

硬すぎない仕事着からシャンと背筋が伸びるような休日着まで、上品なポロシャツは持っておいて損のないアイテム。特に今年は多くの人気ブランドからリリースされている当たり年なので、ぜひチャンスを逃さず、ピンとくる一着を見つけ出してみてください。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選