FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

“ダサかっこいい”が新鮮! 今年こそ着たい半袖シャツ。

今気になるアイテムといえば半袖シャツ。それも開襟しているものでなく、お父さんが着ていそうな、野暮ったいほう。“ダサかっこいい”が受け入れられる今、むしろアリなんじゃないかと思っている次第です(もしや自分だけ?)。

その他、長袖シャツの袖を捲くれば不必要とされそうな危うい立ち位置もグッド。さらに、それとは違って清潔感があるんだかないんだかはっきりしない点にもグッときます。

そんな煮え切らないアイテムですが、ご興味のある方は下記にピックアップしたアイテムをチェックしてみてください。

〈Manual alphabet〉Cherck Loose fit Short Sleeve Shirts ¥12,100


端正なダディシャツ

半袖シャツというカテゴリーに属しながら、色はブラウン、そしてチェック柄! と、かなり危うげな一枚。ただ不思議と端正な印象を受けるのは、小ぶりな襟と、配色センスのおかげ。デニムにタックインなどのダディなスタイルに挑戦したい!

詳細をチェック!
Manual alphabetのチェックシャツ

【TRISECT 2】THOMAS MAISON / トーマスメイソン FAT ボタンダウン シャツ ¥16,500


ビッグなボタンダウン

長袖シャツといえばボタンダウンが着たい今、漏れなく半袖もその仕様で。しかもでっかいサイズ感だから今の気分にもすんなりフィット! 極め付きはドレスシャツに使われることの多いトーマスメイソンの生地! 良いとこ取りで、取っつきすさが魅力の一枚。

詳細をチェック!
TRISECT 2のボタンダウンシャツ

〈Adam et Rope〉ビックシルエット トーマスメイソン クレイジーパターン 半袖シャツ ¥18,480


トーマスクレイジー

同じくトーマスメイソンの生地を使用しながら計8種類のパターンをまとめあげた半袖シャツ。いやはや、クレイジーですって! ただ、細番手の糸を高密度に織り上げているからそれとなく落ち着きもある。チノやカーゴパンツなどキホンのキとなるアイテムにさらっと合わせたい一枚。

詳細をチェック!
ADAM ET ROPE’の半袖シャツ

〈Still by hand〉コットンブロード5分袖シャツ ¥15,400


上品な半袖シャツ

あれ? これは本当に半袖シャツなの?と疑ってしまうほどの品の良い一枚は〈スティルバイハンド〉から。その細部を覗くと、光沢感のあるブロード生地に肌の露出をおさえる五分袖、ステッチが表に出ていない前立てなど大人のためにやっぱり計算済み。

詳細をチェック!
Still by handの五分袖シャツ

〈JOURNAL STANDARD〉オンブレチェック バーバーシャツジャケット ¥12,100


ネタ元にキュン

アウトドアウェアにインスパイアを受けた多ポケット使いのアイテムはよく見かけますが、こちらはまさかのバーバーシャツがネタ。あ、そういえばこんな感じのシャツ、理容師さん着てましたね、と不意打ちを食らった一枚。ジップ仕様ですし、羽織りとしても重宝しそう。これだけで体感温度も収納力も引き上げてくれるユーティリティ性も魅力。

詳細をチェック!
JOURNAL STANDARDのバーバーシャツ


ちなみにFACYアプリで買い物すると、初回に限り上記の商品も最大3,000円OFFで購入可能(条件ありですが)。 気になる方はぜひFACYで。送料も無料ですよ。

FACYアプリをダウンロード

MORE FOR YOU

【6月】編集部がよく“キテた”服。
夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品
センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!
2022年上半期のベストバイ #編集部のラジオ

RANKING

  1. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  2. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  3. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 肌が透けません。セレクトショップから厳選した厚手の白Tシャツ10枚。