FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年こそ手に入れたい、街でホットなサンダル4足。

今年もやってきたサンダルのシーズン! 特に人気モデルは「いざ買おうとしたらサイズ欠け」なんてこともしばしば。後に広大なネットの海を探す羽目にならないよう夏本番を迎える前にチェック! というわけで今回は街でホットな4足をピックアップ。

【OOFOS/ウーフォス】O Original ¥7,480


ウーフォスアディクト

2018年に日本初上陸を果たして以来、新興ブランドながらも夏の定番として愛されている〈ウーフォス〉の看板モデル。ビーサンながらもモードなニュアンスも含んでおり、その振り幅の広さに毎年驚かされます。また、ブランドオリジナルの特殊素材“OOfoam”がもたらすふっくら柔らかい履き心地は中毒性あり(好みは別れますが)。今、改めて手に入れるならブラックではなくナチュラルが新鮮なのでは?

詳細をチェック!
ウーフォスのサンダル

〈JOURNAL STANDARD〉【KEEN/キーン】SHANTI ¥6,380


今年はより増えそうなシャンティ

底抜けに通気性の良い穴あきサンダルの火付け役としては〈メレル〉のハイドロモックが挙げられますが、それと双璧をなすのが〈キーン〉のシャンティ。括りとしてはアフタースポーツシューズに属し、軽量で足を優しく包み込んでくれるのが特徴。踵をホールドするストラップがないため、やや贅沢な使い方としてはオフィスシューズも視野に入ってくるでしょうか。メレルよりシュッとした形なので全く別のサンダルとして使い分けても良いかなと。

詳細をチェック!
キーンのサンダル

【BIRKENSTOCK / ビルケンシュトック】Boston SFB VL Taupe ¥20,900


アメカジサンダルの登竜門

サンダル界の王者、〈ビルケンシュトック〉を街で履く人がまた増えています。筆者もその一人で、今年になって当モデルを機にビルケンデビュー。長時間履いていても疲れにくい履き心地の良さもさることながら、このボテッとした形と、ナチュラルな風合いのスエードレザーにはやはり安心感が。直球にアメカジのスタイルや、反対のテイストのシェルなんかと合わせてます。ちなみに、ひとくちにトープといってもその色味は個体によってまちまち。“違いのわかる男”は実物を見て、比較して、買うべし。

詳細をチェック!
ビルケンシュトックのサンダル

【SCOTT/スコット×JOURNAL STANDARD】別注 Manaula/マナウラ ¥6,050


古着のTシャツとビーチショーツとスコットと

アロハ精神を届けるべく、ハワイにインスパイアされたサーフテイストなサンダルを展開する〈スコットハワイ〉の一足。アメカジ再燃を受ける今、抜け感たっぷりの一足は街履きとしてアリだと思うのです。しかもこちら、ジャーナルスタンダードの手によってストラップ裏がパープルに切り替えられています。履いてるだけではそれとわからない地味な別注ですが、それこそがこの一足を見過ごせないポイントです。価格も約6,000円とリーズナブル。良い意味でテキトーに履けるのも魅力です。

詳細をチェック!
スコットハワイのサンダル


ちなみにFACYアプリで買い物すると、初回に限り上記の商品も最大3,000円OFFで購入可能(条件ありですが)!。 他の季節のアイテムに比べて単価が低いとはいえ、あれやこれやと買っていたらバカになりませんからね……。気になる方はぜひFACYで。送料も無料ですよ。

FACYアプリをダウンロード

MORE FOR YOU

コレ買い!なセールアイテムまとめ【EDIFICE編】
秋冬気になるアイテム、ブランドはありますか? #編集部のラジオ
今欲しいデニムはブラック! あの〈アーペーセー〉の別注デニムが新鮮です。
休日のバッグは小さめ一択。おすすめ4品。
今すぐ使えるおすすめセールアイテムまとめ 〜ジャーナルスタンダード編〜
【7月】編集部がよく“キテた”服。

RANKING

  1. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの7ブランド
  3. 知らなきゃ損!ハイクオリティな「国産デニム」ブランド5選
  4. わざわざ行きたい店の、わざわざ会いたい人。蔵前「WEEKENDER SHOP」のアレコレ
  5. 最強コスパ!ビッグヒットを記録している、無地T、無地ポケT入荷しました!