FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

#スタイラー編集部の愛用品。ある動物をモチーフにした存在感抜群のショルダーバッグ。

DSC_0696

ここ最近で一番印象深い企画と言えば、やはり編集部一同「セレクトショップ座談会」を挙げると思います。ライターSが中心となり、セレクトショップ横断企画を編集部一同でやり遂げたのですが、実はあの当日は夕方のLINKSさんでの打ち合わせから始まり、LINKSさんでの編集部大試着会(?)、座談会、打ち上げ、カラオケ、そば、バー…と10何時間ぶっ通しで行われたのです。

そして、そのときの大試着会で気になったのが、『Edwina Hörl』のショルダーバッグ。元々、LINKSさんのinstagram、スタイラーでのリプライ等々見ており、#これ買いでも自身で欲しいと挙げていたバッグなのですが、実物を見て、やっぱりこの他にはない独特の存在感がたまらないということで、座談会の後日、LINKSさんにて購入させていただきました。

こちらのバッグは、ある動物をモチーフにしているのですが何かお分かりですか?そう、ゾウです。通称エレファントと呼ばれるブランドオリジナルの素材で作られており、ゾウの皮膚のような生地感を表現しているのだとか。私的には全くゾウに縁もゆかりもないのですが、これを機に少しはゾウについての造詣も深くなりたいものです。ちなみに、こちらのバッグ、もっぱら存在感がありますねと評判であります。

Text.Yuya Iwasaki

MORE FOR YOU

キャンプでも街でも!どっちのツラもイケてる「両A面」のトートバッグ
【番外編】最近調子の良いソックス3足 #今週の一足
縮んだニューエラが5秒で元通りに。店舗で神マシンを発見 #ととのいま品
クラブCの次に来るスニーカーって何? #編集部のラジオ
【SHOP BLOG】〈ミーンズワイル〉のバックパックは機能的で、見た目も良し。
リーボック×エイサップ・ナストの「CLレガシー」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで