FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

いまボトムスを買うならここらへん?アメリカンカジュアルな4本。

季節の変わり目はトレンドの変わり目。トレンドの変わり目はボトムスの変わり目。ということで今回は、次の季節に穿きたいボトムスをFACYからピックアップ。『【2021年夏】編集部がよく着たTシャツ』でも触れましたが、セレクトショップのアイテムを見るに、やはりアメカジムードが高まっているよう。秋冬の土台となるボトムス選びの参考にどうぞ。

一にも二にも五ポケット

marka/COCOON FIT JEANS ¥24,200

アメカジといえばデニム。ですが、今季は王道の5ポケットがまず気になります。で、今穿くならやっぱりリラックスフィットというのが各ブランドのあらかた共通すること。

〈マーカ〉の一本は、同ブランド定番の“COCOON FIT型”を今季はデニム素材でリリース。ややワイドなテーパードシルエットは収まりがよく、どんなアイテムにも合わせやすいのが人気の理由。革靴はもちろん、いつものスニーカーも新鮮に映るはず。

この商品を詳しく見る

がっつりボリューミーなデニムも

STUDIO NICHOLSON/ 別注 ボリューム デニム ¥58,300

使い勝手のいいデニムは種類別で2本は持っておきたい。ということで一目でそれとわかる独特のシルエットが魅力の〈スタジオニコルソン〉からは、こんなデニムを。

同ブランドで廃盤となってしまった“BRIDGES PANTS”を、EDIFICEがデニムに載せ替えて復刻させた一本。迫力のある見た目ながら品の良さが勝っているのは、素材や縫製にこだわるニコルソンならではでしょうか。これならシンプルなグレーの無地スウェットを合わせてもアメカジ野郎になることはなさそう。

この商品を詳しく見る

やっぱりチノもワイドで

STANDARD JOURNAL/by SUGA Chino Pants ¥16,500

デニムに次いで、漏れなくチノパンもチェックしておきたいところ。もちろん、今選ぶならしっかり太さのあるものがベター。

2タック仕様でしっかりゆとりを持たせつつ、裾に向かってテーパードしたチノパンが候補に挙がりそうです。トルコ産のオーガニックコットンを使用し、チノパンを出自を思い起こさせるハリ・コシのある生地も魅力。ベージュとキャメルの色展開については、秋冬アイテムとの相性の良さで選ぶならキャメルに軍配が上がるでしょうか。

この商品を詳しく見る

街へ羽ばたくスウェットパンツ

LA APPAREL/14oz Heavy Fleece Pants ¥9,900

「キング・オブ・スウェット」が生まれたアメリカのカジュアルウェアをなぞるなら、当然ながらスウェットパンツも候補に。つい先日までは野暮ったいアイテムの代表だったアイテムが、奇しくもコロナ禍でルームウェアやワンマイルにもこだわる人が増えた今、タウンユースとして盛り上がりを見せています。

その先導を切るのが通称“ロスアパ”。昨年には原宿に実店舗をオープンし、愛用者が続出中。なんと言っても、14オンスのがっつりヘビーな生地は寒い季節に心強い。ブラック、ホワイト、グレーの中では、断然グレーがおすすめ。

この商品を詳しく見る

MORE FOR YOU

今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. アメカジマスターが伝授。大人のスウェット着こなし術 │HUNKY DORY 塚本康博
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました