FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今欲しいデニムはブラック! あの〈アーペーセー〉の別注デニムが新鮮です。

デニムといえば、インディゴカラーのブルーデニムが真っ先に思い浮かびますが、ある意味でブルーよりも使い勝手がいいカラーがブラック。ともすれば野暮ったい印象が出がちなブルーデニムに比べて、クールな雰囲気を演出しやすいのがブラックデニムの魅力です。

その筆頭候補として、この秋気になるのはエディフィスが〈アーペーセー〉に別注した一本です。「ニュースタンダード」や「プチニュースタンダード」のような定番モデルではなく、意外と知られていないコレクションモデルをベースにしたブラックデニムです。

「黒×ワイドテーパード」が新鮮な別注デニム

A.P.C. / EDIFICE別注 FAIRFAX ブラックデニム ¥33,000


年齢や服装のテイストを問わず、幅広い層から支持を集める〈アーペーセー〉のデニム。ヴィンテージ至上主義的だった90年代において、クリーンに穿けるリアルクローズとしてデニムを再定義した同ブランドの功績は今も色褪せません。

そんな〈アーペーセー〉にエディフィスが別注したのは3型のジーンズ。その中でも、特に今の気分にフィットするのがワイドテーパード型の「FAIRFAX」です。いい意味で〈アーペーセー〉のイメージを裏切るような、ゆったりしたシルエットが目を引くモデルです。

一般的なブルーデニムとはひと味違う後染めのブラック。やり過ぎた加工感がない自然な風合い

ウエストのパッチやヒップポケットのステッチを省いたミニマルな仕様は〈アーペーセー〉のお家芸

テーパードがしっかり効いた太めのシルエットなので、裾でクッションさせて穿いてもだらしなく見えないのがポイントです。同ブランド定番のニュースタンダードやプチニュースタンダードは細すぎると感じる方には、特に刺さる形ではないでしょうか。エディフィス側の提案により、生地は日本製のストレッチデニムを採用しているため、穿き心地も快適です。

まだまだ暑い日が続くので、当分はラフにTシャツを合わせる機会が多くなりそうですが、秋冬はウールのトップスやドレッシーな革靴を合わせてもOK。スタイリングの振り幅の広さも魅力的なブラックデニムです。「短パンにはもう飽きた!」という方は、秋に向けてひと足早くこんな一本を新調してみてはいかがでしょうか。


詳細をチェック!
A.P.C.の別注FAIRFAX

MORE FOR YOU

デザインにひと癖あるオススメのスニーカーを教えてください!#編集部のラジオ
アンダー3万円で探す腕時計。Tイチスタイルに合わせたい4本
夏セールで狙い目なのは?通年使える、おすすめスニーカー4足
秋も先取るおすすめセールアイテムまとめ【417エディフィス編】
無地T派もどうぞ。夏休みに着たいプリントTシャツ5着
まだまだ主役はTシャツ。いま欲しい新作プリントTは?

RANKING

  1. 【人気のカレッジスウェットを調査!】いま古着屋で売れているアイテムは?
  2. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの7ブランド
  4. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  5. 知らなきゃ損!ハイクオリティな「国産デニム」ブランド5選