FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今着たいのは短丈のバブアー。名品「スペイ」がJS別注で着やすくなりました。

スペイ=かっこいいけど着こなしがムズい

〈バブアー〉の定番モデルといえば「ビデイル」や「ビューフォート」ですが、実は隠れたファンが多いのが「スペイ」。同ブランドのラインナップの中でも極端に短い着丈で知られる同モデルは、コアな服好きにとっては重ね着のセンスを思う存分アピールできる一着です。

その裏を返せば、やはり合わせる服が限られてしまうのも事実。そんな高難度の「スペイ」を取り入れるハードルをグンと下げてくれたのが今回のジャーナルスタンダード別注です。

オーバーサイズで着やすくなった別注スペイ

Barbour for JS / 別注 BIG SPEY ¥41,800

そもそもロング丈アウターの人気が一段落した今、短丈のアウター自体がかなり新鮮。しかもそれがミドル丈やロング丈のアウターを多くラインナップする〈バブアー〉であればなおさら。フライフィッシング用に開発された出自を持つ「スペイ」は着丈と身幅がほぼ等しいボックス型のシルエットが特徴です。

一癖あるシルエットをキープしながら、今回のジャーナルスタンダード別注は全体的にオーバーサイズにアレンジ。実寸を比べると、最小の36サイズはなんとインラインのXLに相当するサイズ感です。さらに最大のネックだった着丈を従来のものに比べてやや長めに確保することで、グッと攻略しやすくなりました。

表地はオイルドクロスではなく、サラッとしたナイロン地。より気楽に扱えるメリットも大きい

ということで、すっかり主流になったゆったり目のインナーやパンツとの相性は抜群。スタッフさん着用画像のように、ラフにカットソーやスウェットパンツを合わせるような着こなしにも難なく対応してくれます。カジュアルなブルゾン感覚で〈バブアー〉を羽織るという提案はこれまであまりされてこなかったのではないでしょうか。

個人的にはレトロアウトドアの雰囲気漂うベージュ×ブラウンのカラーが気になりますが、「やっぱりバブアーらしい配色がいい!」という方にはカーキ×ブラウンのほうもおすすめ。配色こそ渋いものの、シルエットに抜け感があるので軽やかな印象で着こなせます。

よりバブアーらしさを味わえるカーキ×ブラウン

渋さだけでなく、今っぽさも演出できる。春らしい明るい色味のアイテムとの相性も◎

少しずつ寒さも和らいできた今日この頃。ぼちぼち春アウターを物色し始めてもいい時期です。まずは、一気に手に取りやすくなった鉄板ブランドの名品を春アウターの第一候補にしてみるのはいかがでしょうか。


詳細をチェック!
Barbour×JOURNAL STANDARDの別注 BIG SPEY

MORE FOR YOU

スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。