FACY 1タップで 出会える 話せる

ARTICLE

トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

プレミアムショップの商品を問合せ、取置き、即日配送できるFACYは、1月10日から31日までお年玉イベントを開催!クーポンOTOSHIDAMA23で店頭セール価格から更に10%OFF。加えて、ダブルチャンスで、お年玉ページから友達にイベントを知らせると、もれなく自分も友達も最大5000円のクーポンが付与されます。お得です。今日は、トラッドなメンズファッション以外にも人気のバブアー(BARBOUR)をご紹介。是非、この機会にプレミアムショップの商品を、問い合わせ、取り置き、即日配送できるFACYをダウンロードを。

iOSアプリ
https://onl.tw/NaSPa3L

Androidアプリ
https://onl.tw/EF34fJY

バブアー(BARBOUR) x マーカウェア(MARKAWARE)/ バブアー 別注 Short Riding Coat

ハンティングジャケットの王道バブアー(Barbour)。過去に3つのイギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)を授与されたことで有名なブランドです。日本でもトラッドからストリートのスタイリングと幅広いファッション愛好家に愛されてきました。特に限定モデルは、毎シーズン即完売しており、各店舗の在庫状況が分かるFACYを利用して、購入するお客様が相次いでいます。ストリートやカジュアルなスタイルに取り入れるには、ワイドなアウターとして着用するのをおすすめします。ミドル丈のビデイル(BEDALE)をジャストなサイズ感で着るのは定番ではありますが、定番だけにスタイリングに変化が欲しいです。こちらのShort Riding Coatは、”大人のための、洗練されたハイエンドガーメントを提案”するのがコンセプトのマーカウェア(MARKAWARE)がデザインを担当。イギリス軍のバイク部隊に支給されていたBarbourのRiding Jacketベースに、各箇所調整を加えています。本来、バイカーズブルゾンなので、タイトなモデルでしたが、身幅にゆとりを持たせ、肩をドロップショルダーにすることで程よいリラックス感を表現し、現代的な着こなしにマッチするようになっています。また、バブアー(BARBOUR)といえば、生地に油を染み込ませたオイルドクロスが有名で、憧れもある一方、都会での取り回しにも苦労する原因になります。このモデルは、マーカウェア(MARKAWARE)のオリジナルコットン生地を使用しており、オイルドコットンに比べ、ケアもしやすく着心地も軽いため秋から春にかけて長い期間着用が楽しめるのも嬉しいポイントです。

バブアー(BARBOUR) x マーカウェア(MARKAWARE) バブアー 別注 Short Riding Coat 詳細をチェック!

バブアー(BARBOUR)/ オーバーサイズワックスバーレー(OVERSIZE WAX BURGHLEY)

また、現代的なカジュアルやモードにバブアー(BARBOUR)を取り入れるには、着丈をロングにするのもおすすめです。こちらは、元来、乗馬用コートとして誕生したバーレー(BURGHLEY)をベースに、身幅・着丈など、全体的にオーバーサイズ仕様のフィッティングに調整されています。通常モデルをサイズを上げて着用すると、当たり前ですが袖や裾の長さは不格好さが出てしまいますが、こちらは全体的にゆとりのあるシルエットになっていますが、袖や裾の長さは調整されているのですっきりとしたシルエットに仕上がっています。6オンスのワックスドコットンも、重すぎず、軽すぎずちょうど良い厚さです。気になる方がいらっしゃると思うので触れておきますと、前述の通り、バブアー(BARBOUR)は、3つのイギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)を授与されたことでも知られています。しかし、2021年4月のエディンバラ公逝去により3ワラントから2ワラントに減少。更には、2022年9月8日にはエリザベス女王も逝去され、ロイヤルワラントはさらに一つ姿を消すことになります。遅くとも23年の春夏からバブアー(BARBOUR)のワラントは、チャールズ新国王のもの一つのみになります。昨今の情勢から、海外の優れたプロダクトは値段が上がる傾向にあるので、今欲しいのであれば、今買うのがおすすめです。

バブアー(BARBOUR) オーバーサイズワックスバーレー(OVERSIZE WAX BURGHLEY) 詳細をチェック!

バブアー(BARBOUR)/ オーバーサイズバーレー(OVERSIZED BURGHLEY)

日常使いを考えて、オイルドコットン以外が欲しい方に強くおすすめしたいのが、玉虫色の生地を使ったバーレー(BURGHLEY)です。過去にリリースされた際も即完売しており、ユーザーのリクエストから復活することになりました。玉虫色の特徴的な生地は、光の当たり加減で表情を変えるので見ていて飽きません。鈍く光る独特な光沢感は、非常に高級感のある仕上がりになっています。ストリートやモードのスタイリングにも、このような伝統あるアイテムを取り入れると、全体の印象を引き締めますし、何よりファッション愛を表現することができます。オーバーサイズに設計されたバーレー(BURGHLEY)をざっくり羽織っても、中はスウェットやスニーカーでも楽しめるのが今のトレンドの良さです。

バブアー(BARBOUR) オーバーサイズバーレー(OVERSIZED BURGHLEY) 詳細をチェック!

いかがでしょうか?今回は、トラッドなメンズファッション以外にも人気のバブアー(BARBOUR)を紹介しました。是非、この機会にプレミアムショップの商品を、問い合わせ、取り置き、即日配送できるFACYをダウンロードを。

iOSアプリ
https://onl.tw/NaSPa3L

Androidアプリ
https://onl.tw/EF34fJY

MORE FOR YOU

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介