FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

【PICKUP】シャツ選びの参考に。編集部がおすすめするメンズの定番シャツをまとめてみました。

コーディネート云々だけじゃなく、マナーとしても、気分を変えるものとしてもシャツは男性にとって特別なアイテム。20代も中頃までいくとシャツを見るだけで何となくその人の人柄だったりが見えるような気もしたり…。

大人の男性なら「自分だけの定番シャツ」というのもそろそろ見つけておきたいところ。そこで今回は日曜日に連載していた大人の定番シャツシリーズをまとめてみました!カジュアルなものから、上品に使えるものまで、ベーシックなデザインを中心に集めたので、ぜひシャツ選びの参考にしてみてくださいね。

BEDWIN&THE HEARTBREAKERS – BRAIN

15ab1481-m-01-pl

BEDWIN&THE HEARTBREAKERS / L/S B.D OX SHIRT FD “BRAIN” ¥21,600(tax.in)

まずは、「BEDWIN&THE HEARTBREAKERS」のボタンダウンシャツ。肉厚なコットンオックスフォード生地のシャツは、USAFのヴィンテージコットンオックスフォードシャツをベースにしたもの。当時のUSAFシャツ同様に衿とカフスには硬芯を使用し、同ブランドで通常身頃ネームが配置される位置にミルスペックプリントが入っているのがポイントです。

その他にも台衿釦裏のフェルト、配色釦付け糸、最終釦はオリジナルB釦など、細部迄作り込んだ同ブランドらしい1着は“カジュアルにシャツを着たい人”にとっての定番にオススメです。

OH WELL – Cotton Cashmere Shirt

87708864

OH WELL – Cotton Cashmere Shirt ¥20,520(tax.in)

続いては、「OH WELL」のコットンカシミヤシャツ。数型のシャツのみのコレクションから始まり、現在でもシャツを中心にコレクションを展開しているだけあって、さすがに同ブランドのシャツは品質・デザインともに折り紙つきです。

GIZAコットンを使用したボディに5%カシミヤを混紡したシャツは、繊細で上質な生地感で抜群の着心地。ミニマルなデザイン、ノープリーツのバックスタイルなどクリーンな表情も◎。綺麗にシャツを着こなしたい大人の「定番」としてオススメです。

HANSEN – Casual Classic Shirt

hansen-c-c-sh-wht

HANSEN – Casual Classic Shirt ¥26,784(tax.in)

次は、2011年よりデンマークから発信される新鋭ブランド「HANSEN」のカジュアルクラシックシャツです。1900年代前半の古き良き欧州のワークウエアをベースに北欧のカルチャーを感じさせるHANSENは、AUGUST SANDERのポートレート集から強い影響を受け、そのインスピレーションを独自の解釈でクリエイションを生み出しています。

デザインも日本人好みで、厳選したイタリアのコットンの素材感を生かす為にシンプルに、飽きの来ない、普遍性が魅力的なシャツに仕上がっています。キメが細かくガーゼの様に柔らかさのある上質な生地感で、もちろん着心地も抜群。まだまだ新しいブランドなので、被りたくない人にもオススメです。

UNIVERSAL PRODUCTS  – BROAD REGULAR COLLAR SHIRT

64c4f961bb84fef3960951f3b171984a

UNIVERSAL PRODUCTS – BROAD REGULAR COLLAR SHIRT ¥18,360(tax.in)

続いては、セレクトショップ1LDKのオリジナルブランド「UNIVERSAL PRODUCTS」のブロードシャツ。シーズン、トレンド、年齢を問わずに上質なモノ造りをすることを根底とする同ブランドは、既にセレオリという枠を越え、定番として愛されるべきアイテムを数多くリリースしています。

こちらのシャツは、細番手のコットン糸を採用し、きめ細かく適度に光沢感のあるブロード織りにしたもの。前立てを省いたシンプルなディティール、ワンウォッシュが施されステッチにパッカリングによる表情が際立つ仕上がりです。洗い晒しのまま羽織ることができるので、シャツのアイロンがけを面倒に思う人にもオススメ。

m’s braque – Button-Down Shirts

87075993-1

m’s braque – BUTTON-DOWN SHIRTS ¥23,760(tax.in)

最後は、「m’s braque(エムズ ブラック)」のボタンダウンシャツ。テーラリングをベースにしながら、艶や色気と共に独特の“抜き”が内在したデザインが、高い評価を得ているブランドです。

定番として出しているこのボタンダウンシャツは、一見は普通に見えますが、目を凝らすと随所に散らばるディティールにこだわりが見て取れます。動きやすさを考慮したピボットスリーブ仕様など、遊びを入れ込みながらもシンプルなデザイン、袖からヨークにかけての流れるようなパターンと、着たときのことを考えられて作られたシャツは、その人に絶妙な雰囲気を醸しだしてくれます。まさに大人の定番シャツとしてオススメです。

自分だけの定番シャツは見つかりましたか?メジャーどころからまだまだこれからというブランドまで様々なシャツをピックアップしたので、気になった人はぜひ試してみてくださいね!

Text.Yuya Iwasaki

MORE FOR YOU

今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05
防水スニーカーではなく「防水スプレー」で梅雨を乗り越える #編集部のラジオ
これぞ、ザ・サンダル。ビルケンシュトックのアリゾナ #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選