FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今買っても安心。“すたらない”黒のダウンジャケットをご紹介。

その特有のボリューム感から、コーディネートしづらかったり、かさばったりなど、防寒性はあってもファッション性が少し弱かったダウンジャケットも、何やらアツい存在の模様。春夏のビッグTやワイドパンツの流行然り、ボリューム感がダウンのシルエットに追いついてきたのかもしれません。

ということで今回は着るだけでもアツい、もとい温かいダウンジャケットをご紹介します!廃らないデザインのダウンには嬉しい、これからもずっと着ていける安心の黒。どうぞご覧あれ。

初見でも愛用していっても虜にさせるダウン

ss00239

Stammbaum – Cedar C White Goose Down Coat ¥64,800 (tax inc.)

高円寺 Lampaの遠山さんが提案したのは、『Stammbaum(シュタンバウム)』のダウンコート。「同ブランドの人気モデル」というダウンは、初見でも虜にしてしまうダウンコートらしからぬ洗練された面構えと、買ってからでも満足させ続けるこだわり抜かれたディテールが魅力的。ここでは書ききれない魅力を遠山さんが語ってくれています。気になった方はぜひコメントをチェックあれ。

高級感の秘密は「某メゾンと同じ染めの工場」

a7bd05d7feedf36d6e60_460x460
NOMA t.d. – Collarless down jacket ¥70,200(tax inc.)

代々木上原 LILYのkatoさんが提案したのは、『NOMA t.d.(ノーマティーディー)』のノーカラーダウンジャケット。インナーダウンのようにも見えるけど、底知れぬ何かを持っているこのダウン。マッドな質感が、その凄みを助長させます。何やら「某メゾンブランドと同じ染めの工場を仕様している」のだとか。個人的にはその高級感とコントラストを狙って、白のパーカーをインナーにかましたいですね。

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。

Text.shunsuke mizoguchi

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  3. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  4. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド