FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

【編集部】オンラインショッピングとクリーニング。エル・ショップとリネットの素晴らしい取り組み。

img_apparelcare_coupon

年に何回、クリーニングって出しますか?

まあ出す人の方が多いとは思うのですが、その頻度はどれくらいでしょう。個人的にはクリーニングはシーズン終わりに、というのが一般的になっているのですが、恐らくもうちょっと頻繁に出して綺麗にした方が衛生的にも洋服のケア的にも良いのかなとは思っています。

ただ、なんでクリーニングがシーズン終わりまで頭から離れているのかという、そもそもの原因を考えると、それは服を買う行為とクリーニングに出す行為がセットになっていないからなのかなと。要するに、服をお店で買うときに、おすすめのクリーニング店を紹介してくれたりするともっと忘れずに出せるのではと。

そういう意味で言うと、現在エル・ショップで行われている「アパレルケアプログラム」はその問題点を解決してくれるサービスであると思います。このアパレルケアプログラムというのは、エル・ショップで買い物すると服と一緒に宅配ネットクリーニング「リネット」のケアチケットが同封されてくるというもの。服を買ったときにクリーニングのことも意識でき、尚且つ割引でクリーニングに出せる(しかも、宅配ネットで!)というのは素晴らしいですよね。

今後こういった購買とクリーニングをセットで考える動きが増えて、一般的になってくるといち消費者として嬉しいかなと。ということで、ぜひリネットさん、うちでもお願いします…!

Text.Yuya Iwasaki

MORE FOR YOU

アメカジがキテる?今アメリカのスタンダードが求められている件について #編集部のラジオ
ワンマイルバッグ、小物収納のことなら〈ミステリーランチ〉のゾイドバッグにお任せあれ
夏でも履けるドクターマーチン?あのスイコックとのコラボモデルが販売中。#JOURANAL STANDARD
早めに買うが吉!アメリカブランドの定番ショーツ3選
NIKEのCROSS TAINERが気になる! #編集部のラジオ
編集部がGWにやりたい3つのこと。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで