FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ビジカジにもオススメ。仕事・プライベート問わず着用できるクリーンなシャツをまとめてみました。

最近、不良ファッション(柄シャツをタックインするスタイル)を取り上げましたが、秋冬のスタイリングに幅を持たせるにはやはりシンプルなデザインのシャツも一枚は持っておきたいところです。

そこで今回は、シーンを問わず着用できるミニマルなデザインのシャツをまとめてみました。プライベートはもちろん、ビジカジとしても使えるデザインのものを揃えたので、ぜひご覧ください!

汗染み、汚れなどが見えないように設計されたシャツ

ss00059
DEEPER’S WEAR – HANDS UP SHIRTS ¥10,800 (tax inc.)

ALL YOURS tokyoの高橋さんが提案するのは、『DEEPER’S WEAR(ディーパーズウェア)』のHANDS UP SHIRTS。一見、普通のコットンシャツですが、実は服の表面に汗染み・汚れなどが見えないように設計されているという、機能性に優れたシャツなんです。シャツは汚れやすいから安いやつを使い捨てにしている…なんて人にはまさにオススメです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

クリーンな表情が冴える上質なコットンカシミヤシャツ

ss00060
OH WELL – COTTON CASHMERE SHIRT [BLUE] ¥20,520 (tax inc.)

大阪のセレクトショップ WUNDERの佐藤さんが提案するのは、『OH WELL(オーウェル)』のコットンカシミヤシャツ。こちらはGIZAコットンを使用したボディに5%カシミヤを混紡されているため、繊細で上質な生地感が抜群の着心地と面構えになっています。ノープリーツのバックスタイルなどクリーンな表情が冴える一枚です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ミニマルなデザインに機能性とブランドの哲学を詰め込んだシャツ

ss00061
Dr.Franken – Dr.Shirts B.D a ¥20,520 (tax inc.)

学芸大学のセレクトショップ LINKSの酒井さんが提案するのは、『Dr.Franken(ドクターフランケン)』のDr.Shirts B.D a。前身頃には“OXFORD”を使用し、後身頃と袖にはワッフル調に編み立てた汗の吸収、蒸散を速めてくれる“COOL MAX”を使用したという同ブランドらしいシャツ。優れた機能性や、ボタンやステッチなど細部まで施された拘りに、愛着を沸くこと間違いなしです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ヴィンテージ感漂うシャツ

ss00062
POST O’ALLS – CRUZER SHIRT 2 1256-CBW ¥41,040 (tax inc.)

中目黒のセレクトショップ ANALOGICの渡邊さんが提案するのは、『POST O’ALLS(ポストオーバーオールズ)』のCRUZER SHIRT。MADE IN USAの拘りとヴィンテージにインスパイアされた同ブランドのシャツは、細糸の奇麗なブロードクロスのシャツ地で、絶妙なパッカリングが特徴的です。しっかりシワを伸ばして着ても良し、洗いざらしでシワの入った雰囲気がとても良いです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ゆとりあるシルエットが魅力的なノーカラーシャツ

ss00064
NO CONTROL AIR – タイプライターノーカラーシャツ ¥22,680 (tax inc.)

神戸のセレクトショップ wienの高田さんが提案するのは、『NO CONTROL AIR(ノーコントロールエアー)』の120/2 スーピマコンパクトコットンタイプライターノーカラーシャツ。やや固めで、ハリ感のある生地が特徴的なこのシャツは、シックでいて、カジュアルにも感じるデザインに。ゆとりのあるシルエットで、オールシーズン着用できる一枚です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

通年で着用できるコットンリネンシャツ

ss00063
S.E.H KELLY – DESERT COTTON KELLY-COLLAR SHIRTS ¥42,120 (tax inc.)

千歳船橋のセレクトショップ LICLEの鶴田さんが提案するのは、『S.E.H KELLY(エスイーエイチケリー)』のDESERT COTTON KELLY-COLLAR SHIRTS。通気性の良いコットンリネンを使用した、通年着用できる使い勝手の良いシャツです。肉厚で程よい固さもあるパリッとした生地感と絶妙なサイズ感も◎。着込んでいくうちに更に風合いを増す、上品かつ上質な一枚です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?気になるものがあった人は、ぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてください!

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品
【SHOP BLOG】国産ならではの完成度。ジャックマンの定番スウェットとパーカーが入荷しました
暖房いらずな〈アークテリクス〉のベスト。#ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選