FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

長く着るにはロゴ無しでキマり。無地のコーチジャケットがオススメです。

ストリート界隈でよく着られていたコーチジャケットも、ここ数年ですっかり多くの人が支持するアイテムに昇華。もともと主張の強いロゴがその特徴だったわけですが、その反対である無地のものが増えていったのがその一因でしょう。たしかに、無地はその時の自分の気分に左右されないから長く着ることが出来る。今後も廃らないであろうアメカジでもよく着用されるアイテム、ならば無地に決まりです。

ということで今回も、ショップスタッフがスタイラーに投稿してくれた「無地のコーチジャケット」をご紹介。この時期はインナーとして活躍しそうです。となれば、なおさら無地です。気になった方はプロの視点から語られるショップスタッフのコメントもご覧ください。

スタイラーについて詳しくはこちらから。

コートにもハマる、上品さが際立つコーチジャケット

normal_2f92ff8c

GROUPIE – COACH JACKET ¥36,720(tax inc.)

代々木上原の sunday people の吉村さんが提案するのは、『GROPIE(グルーピー)』のCOACH JACKET。ストリート出身のアイテムらしからぬ上品な印象をもたらすのは、オリジナルで作成されたものだからこそ。展開しているネイビーとグレーの2色がさらに上品さを引き立てますね。この時期、インナーがニットであることにマンネリを感じてきた方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コーチでシャツっぽさと保温性を手に入れる

6-2595

FELCO × SEPTIS – NYLON COACH JACKET COTTON LINING ¥14,904(tax inc.)

三軒茶屋の SEPTIS の小山さんが提案するのは、『FELCO × SEPTIS』のNYLON COACH JACKET。クリスマスデートに着ていく服でも披露してくれたこちらのコーチジャケット。別注ポイントの台襟が、素材とのコントラストを楽しみながらシャツライクで着ることを可能にしてくれます。さらに中の方にはコットンライニングが配されているので、おまけとして保温性も手に入れることができます。

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。他に欲しいアイテムがある方は、下のボタンをクリックしてスタイラーを楽しんで下さい!

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに

RANKING

  1. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。