FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

実はまずチェックしておきたいアイテム。今年あえて押さえておきたいインナーとは?

100491957_o2

秋冬物の入荷がいよいよ始まり、今年はどのアウターを着ようかな、なんて想像を巡らせる時期の到来。見える分量が多い分、主役になりうる大物を今のうちに押さえておきたいというのが洋服好きの思考です。

でも一方で、それより見られる機会が多いのがインナー。「後から焦って買う人が多い。」とショップの方が10月頃に煽る通り、室外でも室内でも漏れなく着ていることになるので、秋冬の入荷とともにまずチェックしておきたいアイテムです。

・「軽快な印象の9分袖なのでアウターに響かず、すっきりと着ていただけます。」

 

100491957

100491957_o1

ではまず押さえておくべきインナーは?となると、夏の柄物の流行に引き続いて秋冬に流行の兆しがあるスカジャンとの相性が良さそうなインナーでしょう。ブルゾンと合わせた時にバランスが取れる着丈のインナーに提案されたサーマルは、まず押さえておくのみならず、今年あえて押さえておくべきインナーです。

「適度なボリュームと柔らかな肌触りの、オリジナルのサーマル(ワッフル編み)素材を使用したクルーネック・プルオーバー。軽快な印象の9分袖なのでアウターに響かず、すっきりと着ていただけます。(…)

100491957_o5

袖口、裾のリブ編みもポイントです。シンプルなデザインと素材で、年間を通してあらゆる着こなしを楽しんでいただけるアイテムです。『crepuscule(クレプスキュール)』はニットの分野に10年以上携わってきた男女二人のデザイナーが手掛けるニット専門ブランド。素材、製法、買いやすい価格帯にこだわって作られるアイテム達は、優しい雰囲気を持っています。」

持っている雰囲気を削ぐことなく一枚でキマるインナーでバシッと着たいスカジャン。保温性も併せ持ったサーマルであえて今年楽しんでみてはいかがでしょうか。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. 冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
  4. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介