FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

DEAR SKATINGがTERRoIRに少量入荷 ストリートスケートの基盤を垣間みることができるアイテムたちは必見

DSC00757

DEAR SKATING TEE and more…

「DEAR SKATING」のTシャツがTERRoIRに少量入荷。80年代後期~90年代前期のストリートスケートシーンで活躍していたプロスケーターらが、スケートビデオで着用していたアパレルやファッションに着目したブランドだ。マニアックでありながらも、その時代のシンボリック的なモノ、人を切り取るセンスを一つ一つのアイテムから感じ取ることができる。

DSC00772

H street team TEE ¥6,696(+tax)

こちらは、TERRoIRの店長自らが「このクロスされた矢印がたまらない。」と、当時のスケートシーンを目の前にありありと浮かぶように語ってくれたアイテム。左胸ポケットのロゴは今で言えば「シンプルなボディにワンポイントのアクセントになっている」と形容されそうだが、スケートの創世記のど真ん中でヒーロたちを見てきた同氏にとってはそうではないのだ。各人にとっての思い出もデザインされているのが同ブランドのアイテムだ。その時代を知る人にとって当時抱いていた憧れが懐かしみのあるものになっているのではないか。

DSC00771
もちろんそれを知らない人には、これらアイテムのルーツを知ることで“ストリートスケート”の基盤を垣間みることができるはずだ。スケートで街を颯爽と走っていく姿がここ2年ぐらいで多く見受けられるようになったのは、ストリートの代名詞であるキャップがまず流行り、徐々に“基盤”へと進んでいっているからのように思える。

DSC00774

何かを始める時、誰でも初心者だ。初心者だからこそ、それがどのようなモノなのかわからない。だから、“ストリートスケート”の深みへの入り口がこのTシャツであってもいいのだ。TERRoIR店長も「カルチャーを知るきっかけになれば嬉しい」、「そして、友達に自慢してほしい」とも語っていた。現在様々なジャンルのブランドを取り扱う同氏ならではの言葉だ。ストリート、モード、アウトドアなどを織り交ぜて楽しむ日本ならではのファッションスタイルで、多種多様な人に様々な「カルチャーを知るきっかけになれば嬉しい」と思う。

当時のシーンが蘇り再燃してきた方、グラフィックに惹かれて気になった方、まずはTERRoIRへ行ってみよう。

TERRoIR
東京都渋谷区神宮前3-21-12 中田ビル2F
TEL.03-6721-1567

Text.Shunsuke Mizoguchi

MORE FOR YOU

レトロ感増し増し。シュプリームのフード付きスタジャン #地味シュプ
スタジャン、モヘアカーディガン、ナルゲン(?)etc…秋冬のトレンド傾向がようやく分かってきた? #編集部のラジオ
エアジョーダン1は履き込んだ後もカッコいい? #今週の一足
大人に効くヘルメットバッグ。今買うなら〈アダム エ ロペ〉の一品がおすすめです。
今シーズンはアシックスが気になる! #編集部のラジオ
ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで