FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ミニマル好きじゃなくとも必見です。ミニマルだけどタフに使えるバックパックとは?

defybags1

ミニマルだけどタフに使えるバックパック。定番ものでもなく、デザイナーズも主張が激しすぎるとなると、なかなか見つからないのがこの手のバッグです。

そこで今回オススメしたいのが、WUNDERの佐藤さんが提案した『DEFY BAGS(デフィーバッグス)』のバックパック。ミニマルなデザインからは想像できないほどの機能性を併せ持ったバックパックとはどういったものなのでしょうか?

defybags2

DEFY BAGS – Backtown Pack ¥42,120 (tax inc.)

「新しいアメリカンクラシックになりうるバッグを作るというコンセプトのもと、アメリカ・シカゴで設立された『DEFY BAGS』。あくまでタウンユースを想定してデザインされたバッグはクラフトマンシップを感じさせながらも都会的な感覚を持ちあわせています。防水効果ありのM35ミリタリーターポリン使用。インには15inch / 17inch MacBook Pro、その他タブレット収納可能スペース。防水性と優れた機能性を実現するYKKジップを採用。2列に分かれた収納スペースでさまざまな用途に活躍します。」

匿名性のあるデザインながら、機能性を持ち合わせ、さらにタフに使えるという完璧すぎる同ブランドのバックパック。ミニマル好きでなくとも欲しくなるような魅力十分です。気になった人はぜひ詳細からメッセージを送ってみてくださいね!

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  2. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  5. 一着は欲しい、メンズ「スプリングコート」。プロが至高の10ブランドを厳選