FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人のための夏セールが開催中。パックTからキャップ、スニーカーまでエディフィスに揃ってます。

30度超えの真夏日が連日続きますが、各ショップのセール戦線も負けじとヒートアップ中。先日のジャーナルスタンダード編に続いて、今回はエディフィスの夏セールから5点をピックアップ!

1.FRUIT OF THE LOOM / 別注リンガー Tシャツ(2パック)

¥12,100 → ¥6,050(EDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店)

いよいよ迎えた夏本番。どストレートな無地の白T以外にも、長い夏を乗り切るための球種を揃えておきたいところです。〈フルーツオブザルーム〉にエディフィスが別注したパックTは細いピッチ幅が上品なボーダーTと、絶妙なニュアンスカラーのリンガーTの2枚セット。街中でもすっかり見慣れた白Tとのギャップがなんとも新鮮です。淡白になりがちな夏のコーディネートを大谷選手のスプリットばりに締めてくれるはず。別カラーのブラック系統の2枚パックもいい色味ですよ。

アイテム詳細はこちら

2.alvana / 別注ロングスリーブTシャツ

¥10,450 → ¥6,270(EDIFICE 新宿店)

〈アルヴァナ〉のTシャツ、実は個人的にも愛用しています。過度にファッション性をアピールするアイテムではないものの、上質な素材使いとほどよく今っぽいシルエットのバランスが秀逸なんです。そんな同ブランドのロンTがセールになっていたので、思わずピックアップ。ちなみに長袖のアイテムって、実は半袖よりもショーツとの相性がよかったりします。

アイテム詳細はこちら

3.blurhms / 別注シャンブレーCPOシャツ

¥33,000 → ¥23,100(EDIFICE 新宿店)

外はカンカン照りなのに、涼を求めて入ったカフェの冷房は効き過ぎ…。そんな真夏のコンクリートジャングルの寒暖差にスマートに対応するなら、長袖のシャツはまだまだ必須。ややオーバーサイズで仕上げた〈ブラームス〉のシャンブレーシャツは粗野な印象が一切ないのがグッド。フレンチのマリンテイストを意識したという上品なブルーなので、大人の夏の羽織りものとして重宝しそうです。

アイテム詳細はこちら

4.KIJIMA TAKAYUKI / タイプライタークロス6パネルキャップ

¥13,200 → ¥9,240(EDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店)

街行く洒落者の着用率が高いハット専業ブランドといえば、〈キジマタカユキ〉。トータルコーディネートで生きるデザインをコンセプトに掲げるブランドです。そんな同ブランドのエッセンスが詰まったキャップは上品かつクリーンな雰囲気が漂う、大人っぽい一品。画像のブラウンもいいけど、色違いのホワイトも夏らしくていい出来です。キャップ難民の30代以降の諸兄には特におすすめ。

アイテム詳細はこちら

5.REPRODUCTION OF FOUND / 別注ジャーマントレーナー

¥25,080 → ¥17,556(EDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店)

街中で誰かが履いているのを見ると「やっぱりかっこいいなー」とつい目で追ってしまうジャーマントレーナー。鉄板カラーのホワイトももちろん最高なのですが、ちょっとおもしろいカラーを選ぶなら画像のキャメルカラーもおすすめ。今回のエディフィス別注ではシューズ左右で異なるレザーを用いるなど、カラー以外にも遊び心をふんだんに盛り込んでいます。一品目のリンガーTを着たコーディネートの足元にも絶対合うはず。

アイテム詳細はこちら

MORE FOR YOU

ニードルズのトラックパンツ、ベストな足元はどれ? #編集部のラジオ
今欲しい革靴は〈パラブーツ〉。カジュアルなのに大人っぽい4足
今履きたいのはアシックス。「アンジェロ・バク」コラボで秋冬の足元がととのいました #今週の一足
買ってみて『やっぱり良かった』ブランドってある? #編集部のラジオ
大人も着られる、若すぎないロンT5着
今年のアウターどうする?とりあえずチェックしておきたいのはこの4着です。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 失敗しないメンズパーカー12選。ショップ店員おすすめブランドとお手本コーデ