FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

半袖シャツは“ちょい大きめ”が正解! 今欲しいのは「トーマスメイソン」の一着です。

いい大人にとって、意外と着こなすのが難しい半袖シャツ。ジャストサイズを選ぶと役場のおじさん感が出がちなアイテムだけに、この夏着るならちょい大きめサイズのほうがベターです。もちろんシルエットだけでなく、素材にもこだわって選ぶのは大前提。ということで、今回注目したのはこんな一着です!


名門ドレスシャツの生地をカジュアルに着崩す

EDIFICE / トーマスメイソン オーバーサイズ 半袖シャツ ¥15,400


生粋のシャツ好きであれば、そのラベルを見ただけでテンションが上がってしまう名門シャツ生地メーカーの「トーマスメイソン」。

普段はドレスシャツに使われることが多いメーカーの生地を、あえてカジュアルな半袖シャツに採用したのは『エディフィス』です。トーマスメイソンならではの高級感あるコットン地の質感を活かすべく、デザインはごくごくシンプルに仕上げた一着。

やや小ぶりな襟が上品かつモダンな印象。トーマスメイソンのネームタグも内側に鎮座

ハリとコシを併せ持つ生地は素肌に触れた時にも気持ちいい

清涼感あふれるホワイトカラー。178cm/ 60kg の スタッフさんがLサイズを着用

気になるシルエットはこんな感じ。やや肩が落ちるリラックス感あるフィットで仕上げることで、ともすれば単調に見えがちな白のシャツもしっかりファッショナブルな印象です。ベーシックなホワイトのカラーを筆頭に、エディフィスが用意した色はなんと圧巻の計10色。

無地だけでなく、柄物も織り交ぜた豊富なバリエーションの展開はアイテムの出来に自信があることの表れ。ということで、残りの9色も一気にどうぞ。お好みの色と柄がきっと見つかるはずです。

ブルー
ブルーA
ネイビー
ネイビーA
ネイビーB
ネイビーC
ブラウン
グリーン
カーキ

メンズにとっての基本カラーであるブルーやネイビー系統の色、柄をこれだけ自由に選べる機会はちょっと他ではなさそうです。個人的には後半に登場した柔らかい色味のグリーンも気になります。気温も若干落ち着いた今、いつものTシャツに足す半袖シャツを探している方はぜひチェックしてみてくださいね。

詳細をチェック!
EDIFICE のトーマスメイソン オーバーサイズ 半袖シャツ

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 定番から玄人好みの白Tシャツブランド11選
  4. 肌が透けません。一枚でサマになる厚手の白Tシャツ10枚。
  5. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選