FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

綺麗な後ろ姿が欲しいなら…上品なスタイリングに仕上がるバックパック3選。

“上品なバックパックがあればお願いします。”

手ぶらの男子は嫌がられると、ものの本で読んだことがある人は多いはず。モテ云々に限らず、何かと荷物はつきものだから、洒落たバックの一つもなければ男が廃るわけです。そこで気分的にも欲しいのがバックパック。それもミニマル・クリーンなものがトレンドの今なら、バックパックもそれ相応のアイテムをおさえた方が、スタイリング的にもお後がよろしいようで…。

ということで今回も上記のPostを元に、ショップスタッフが提案してくれた上品なバックパックをご紹介。綺麗な背中はエステのみならず、セレクトショップでも手に入ります。どうぞ皆さん、この記事を読んで一つ上の男になってくださいませ。

「素朴でも上品」を成立させる、生地感に注目なバックパック

normal_4c25acf3

Herve Chapelier – ナイロン デイパック ¥30,240 (tax inc.)

SHIPS 渋谷店の瀬谷さんが提案してくれたのは、『Herve Chapelier(エルベシャプリエ)』のナイロンバックパック。ともするとチープに見えがちなナイロン素材なのに、ここまで上品を体現しているのは、イタリアのリモンタ社製ナイロンを使用しているから。素材が良いからこそ、余計なことをせずともこれだけの完成度を実現しています。光沢感と耐久性は他のナイロンの比じゃないので、初めて聞いたと言う方はぜひ店頭でご確認を。きっと惚れ込みます。

職人が生み出す、工芸品レベルに作り込まれたバックパック

normal_9c31a650

ALTADENA WORKS – 801-Daypack ¥39,960 (tax inc.)

代々木上原のセレクトショップ LILYの加藤さんが提案してくれたのは、『ALTADENA WORKS(アルタデナワークス)』の801-Daypack。カリフォルニア発のブランドで、素材、色、ディテールに拘り、機能的かつシンプルなバッグを展開しています。中でもこのモデルは、レザー・ナイロンの素材はもちろん、縫製する職人や1つずつのデザインにまでこだわり抜かれたもの。底部分に施されたレザーは、長年使用しても痛みが少なく、経年変化も楽しめます。

スウェーデン発、シックな表情がたまらないバックパック

normal_4f2256ec

SANDQVIST – BACKPACK ¥14,040 (tax inc.)

代々木上原のセレクトショップ sunday peopleの吉村さんが提案してくれたのは、『SANDQVIST(サンドクヴィスト)』のバックパック。北欧ブランドらしいシックな表情が、合わせる服を選ばず使える逸品。独特の丸みを帯びたルックスと、コーデュラナイロンのタフな面構えのバランスが絶妙です。

いかがでしたか?気になるバックパックがあった人は、ぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

Text.ライターA

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介