FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

レトロっぽさを感じさせつつ、都市生活にもフィットする。フィラ ホワイトライン × アンルートのトラックジャケット。

MENS2

FILA WHITE LINE× EN ROUTE – FILA ENRSP TRACK JKT ¥30,240 (tax inc.)

今シーズン、注目を集めているトラックジャケット。スポーツ発祥ということで選ぶならスポーツブランドがベターですが、アイコニックなアイテムだけに、定番のものを選ぶと否応なしに被るという心配の種。

そこで編集部的にオススメなのが、都市生活にフィットするスポーツウェアをコンセプトにスタートした『FILA(フィラ)』のハイエンドライン FILA WHITE LINEと、都市生活者に向けたモードとランニングスタイルを提案する銀座のセレクトショップ EN ROUTEとのコラボによって誕生したトラックジャケット。

ボリューミーなシルエットのジャケットは、レトロっぽさを感じさせつつも、どこか都会的な印象というのがたまりません。コットンナイロンのストレッチ素材を使用しているのでトラックジャケット本来の機能性も確保。まさに都市生活をテーマに掲げる両者だからこそ、実現できたアイテム。既に在庫に動きも出ているので、気になる方はぜひお早めにどうぞ。

Text.編集長Y

MORE FOR YOU

究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)

RANKING

  1. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド