FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

新鋭ブランド「ESSAY」より、絶妙なカラーに目を引かれるフォーマルタイプのカラーレスシャツ

Formal-01
ESSAY Formal colorless shirt ¥27,000(tax.in)

前評判より遥かに話題になっている、新鋭ブランド「ESSAY(エッセイ)」。今週は引き続き、同ブランドにフォーカスをあて、各アイテムをご紹介していく。

今回紹介するのは、絶妙なカラーに目を引かれるフォーマルタイプのカラーレスシャツ。高密度の上質なコットンリネン素材を使用し、生地にはしっかりとした厚みがあるのでシャツとしても、シャツブルゾンとしても着用することができる、この時期に嬉しいアイテムだ。

Formal-06

トップボタン以外は比翼に、胸ポケットは少し低めに。フロントのディティールからはとにかくミニマルな印象を受けるが、やはりこのアイテムもどこか“古着”の雰囲気を感じさせる。1枚でボタンを閉めても雰囲気が出るだろうし、この時期ならカーディガン代わりに軽く羽織る着こなしも映えそうだ。

ただ、このシャツの真価はレイヤードにあるように思える。LOOKでも見られるようにスポーティーなハーフジップブルゾンのインナーとして着ても映え、天巾を狭く設定することで通常のノーカラーシャツよりもVの字の角度を鋭くしているので、テーラージャケットのインナーとして着用しても品が損なわれない。まさに冬に着てこそ真価を発揮するシャツとなっている。

Formal-05

と、言いつつやはり1枚で着るシャツとしても十分に魅力的だ。脇の切り替えにはスリットが入っており、裾丈が前後で切り替わっているのもグッド。妥協を許さない、細部へのこだわりからデザイナーの服作りに真摯に向き合う姿勢も垣間見ることができる。

冬を考えて買い物するにはまだ早いかもしれないが、今からシーズンを通して着ることができ、冬のレイヤードでも確実に役立つシャツなので、ぜひ“今”買っておくことをおすすめする。

Fab4
兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目5−8 三宮サンクスビル 3F
Tel.078-327-8285 OPEN.12:00-20:30
Fab4のSTYLERアカウント

Text.Yuya Iwasaki

関連記事
入荷したら即完売?今シーズン、デビューした「ESSAY」の背中に風を纏うバルーンシャツ
話題沸騰中の新鋭ブランド「ESSAY」より、ストリートからモードまで 振り幅の広いハーフジップブルゾン

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 肌が透けません。一枚でサマになる厚手の白Tシャツ10枚。
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 今年っぽいポロシャツって何? スタッフに選ばれた「ハーフジップ」2枚
  5. 定番から玄人好みの白Tシャツブランド11選