FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

これ一着で春も越せます。ジャーナルスタンダード別注MA-1。

毎シーズン、多くの別注アイテムを手掛けているジャーナルスタンダード。今シーズンも相当数を世に送り出しているわけですが、その中でも一際目を引いた一着があるんです。それがこちら。

ALPHA INDUSTRIES×JS/別注 半袖リバーシブルMA-1 ¥30,800

米軍にも納入実績のある、〈アルファ インダストリーズ〉に別注をかけたMA-1。そのポイントは、なんてったって半袖(5分丈)。純のミリタリー好きからは「そりゃないぜ」という声が聞こえてきそうなディテール。なんですが、真面目に遊んでいる感じがジャーナルスタンダードらしくてグッド。

袖部分は漏れなくリブ仕様。

とはいえ、実用性も兼ねているのがこの一着の魅力。

というのも、これまで秋冬の重ね着といえばベストという選択肢しか(基本的には)なかったのですが、こちらはニットやスウェットなどの上にも着用可能。春夏のスタイルにあるような、ロンT×半袖Tのようなレイヤリングを叶えてくれます。また防寒という観点でみても、ナイロン素材なので風をシャットアウトしてくれる。半袖だから暑くなりすぎることもありません。

大胆に思える半袖という仕様ですが、その実、意外にも合理的。アウトドアのギア的観点でも楽しめる一着に仕上がっているというわけです。

裏地にはMA-1ならではのオレンジ色が。裏側でも着用できるリバーシブル仕様。この時期はアウターの下にひっそり忍ばせてアクセント効果が期待できる
流行のスウェットセットアップスタイルもこんな一着があれば挑戦しやすい。

参照記事:街角で防寒ランウェイ#03/JOURNAL STANDARD 表参道スタッフ

ちなみに、先日公開した「街角で防寒ランウェイ」というスナップ企画で、ジャーナルスタンダード表参道店のスタッフが着用した様子がこちら。いわく「特にニットとの相性が抜群」とおっしゃっていましたが、全体で見てもMA-1が一枚挟まるだけでコーディネートに奥行きが出るというものです。アウトドアなルックだけでなく、その他様々なコーデでも活躍がしてくれそう。

端境期と言われるこの時期、買い物の選択肢として今時期だけでなく春にも使える一着はおすすめです。それ抜きにしても、半袖MA-1という新しさだけで買う価値があると見ているのですが。気になる方はぜひチェックしてみてください。

詳しく見てみる

MORE FOR YOU

厚手だけど着心地軽めのTシャツを教えて! #編集部のラジオ
フットボール、ベースボール、マルチボーダー…、今季注目のTシャツはこれ!
意外と見落としがち? 今履きたい定番スニーカー4足
羽織りとしても優秀!初夏に着たいのはこんなシャツたちです。
今は「ダサい」がほめ言葉? #編集部のラジオ
心躍るヤンキースグッズ5品。

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  2. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選
  3. 最強コスパ!ビッグヒットを記録している、無地T、無地ポケT入荷しました!
  4. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選
  5. 厚手だけど着心地軽めのTシャツを教えて! #編集部のラジオ