FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

夏コーデに足したい腕時計。〈ベンラス〉の別注ミリタリーウォッチがいい出来です。

こうも蒸し暑い日が続くと、Tシャツとショーツの組み合わせにも飽きてくるもの。スタイリングのアイテムが激減する夏場こそ注目したいのが、腕時計です。ただステータスを誇示するようなラグジュアリーなものには興味ないけど、チープなものは身に着けたくない……。そんな微妙な大人心に刺さるミリタリーウォッチをジャーナルスタンダードで発見!


アンダー4万で手に入るダイバーズウォッチの名作

BENRUS / 別注 TYPE-II ¥35,200


ミリタリーウォッチがお好きな方であれば、その名に聞き覚えがあるであろう〈ベンラス〉。ベトナム戦争時、米軍の特殊部隊のために開発されたダイバーズウォッチの堅牢性の高さで広く知られるようになったブランドです。当時はUDT(水中破壊工作部隊)、ネイビーシールズ、CIAエージェントなどに提供していたという出自がすでにかっこよすぎます。

当時の資料をもとに再現された復刻モデル「TYPE-II」。ムーブメントはスイス製クォーツを採用

今回ジャーナルスタンダードが別注のベースにしたのは、1972年頃から1980年まで製造されていた「TYPE-II」と呼ばれるモデル。文字盤、ケース、ベルトをブラックで統一しつつ、秒針のみ赤に切り替えたソリッドなカラーリングが男心をくすぐります。オリジナルの仕様を参考に、あえてブランドロゴを省き、すっきりしたフェイスに仕上げたのも英断ではないでしょうか。

ベルトの素材はメタルでもレザーでもなく、より軽快な印象が出るナイロンベルトを採用。ミリタリー出自の武骨さがありながら、どこか肩の力が抜けた雰囲気も演出できるのが魅力的な一本です。

普段使いには十分な「10気圧防水」。ジャーナルスタンダード別注を示す刻印入り

ということで、実際に身に着けているシーンを切り取ったジャーナルスタンダード撮り下ろしのビジュアルも併せてどうぞ。自分が手に入れた際のイメージが何となく浮かんでくるはずです。

42mmとやや大きめのサイズ感ながら、そう感じさせないのはデザインの完成度の高さゆえでしょう。ブランド感を強く主張するような一本ではないので、幅広い服装にすっと馴染んでくれるはずです。夏のコーディネートのラストピースにふさわしいのはこんな腕時計かもしれません。

詳細をチェック!
〈ベンラス〉の別注ミリタリーウォッチ


JOURNAL STANDARD 渋谷スクランブルスクエア店(Men`s) 〒150-6108
東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア8階
営業時間:10:00 ~ 21:00 電話番号:03-6434-1097

MORE FOR YOU

スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。