FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ナイキ、ニードルズ、グラフペーパーetc… 今年の短パンどれにする?

行楽ムードが高まるGWを境にして、街中で着用者が増えるアイテムといえばショーツ。特に人気ブランドの一本は早めに目星を付けておきたいところです。今回はみんな大好きな4ブランドに絞ってピックアップ!

NIKE / EDIFICE別注 スウッシュプリント ボードショーツ
¥7,370

毎シーズン人気の別注ショーツ

エディフィスがここ数シーズン継続して別注している夏の定番といえば〈ナイキ〉のスイムショーツ。今年はスウッシュが左裾に鎮座するのみのシンプルなデザインかと思いきや、背面にもさりげなく同系色のスウッシュがプリントされた“両A面”仕様です。全8色のカラバリの一部は早くもサイズ欠け中。今年のショーツ戦線の火蓋はすでに切られているようです。

EDIFICE スクランブルスクエア店 〒150-6107
東京都渋谷区渋谷2-24-12
営業時間:10:00 ~ 20:00 電話番号:0364273042


NEEDLES × JS / 別注 STRING COWBOY SHORT¥15,400

例のアレもしっかり見えます

ここ最近、ブランドシンボルである蝶モチーフのパピヨンをますます見かけるようになった〈ニードルズ〉。このカウボーイショーツも、レーヨン混のテロッとした生地感と、ウエスタンシャツで見られるスナップボタンをポケットに配したディテールがいかにも〈ニードルズ〉らしい。例のパピヨン刺繍はトップスの裾がぎりぎりかからない位置に配置されているのもニクいんです。

JOURNAL STANDARD 渋谷スクランブルスクエア店(Men`s) 〒150-6108
東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア8階
営業時間:10:00 ~ 21:00 電話番号:03-6434-1097


GRAPHPAPER / COLORFAST DENIM WIDE CHEF SHORTS
¥26,400

今年はデニムショーツも新鮮

昨今のデニム復権の流れを汲んで、今年はショーツにデニムを取り入れるのも新鮮です。すっかり主流となった大きめのトップスには〈グラフペーパー〉の一本のように、ドカンと太いシルエットを合わせたいところ。ウエストのベルクロで自在にサイズを調節できるので、お腹回りが気になる方も心配無用です。ちなみに、縦糸を特殊な染色方法で染めているので、濃いインディゴの色味が長くキープされるのもポイント。デニムをクリーンに穿きたい方は要チェックですよ。

VELISTA 〒530-0021
大阪府北区浮田1-4-22
営業時間:13:00 ~ 21:00 電話番号:0663750358


TEATORA / Device Cruiser DR ¥37,400

“穿くバッグ”を地で行く一本

アウターを着なくなる夏場に困るのがポケット不足問題。そんな課題を悠々とクリアするのが、高スペックな都市型のワークウェアを追求し続ける〈テアトラ〉のデバイスクルーザーショーツです。タブレットを収納できる大容量のポケットを左右に備えているだけでなく、小銭やカードなど細かいものを管理できるファスナーポケットも充実。ちょっとお値段は張りますが、速乾性が高く洗濯からの戻りも早い一本は真夏もフル回転で活躍してくれるはず。

EDIFICE 新宿店 〒160-0022
東京都新宿区新宿3-31-9
営業時間:11:30 ~ 21:00 電話番号:0353665481

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。